ワクワクで行こう♪~心の方程式~

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

罪悪感

とにかくすべてのものをすぐに良し悪しや正誤で判断してしまうことが、罪悪感や自分責めを生み出している原因です

ガルシアです。 先日こんな記事を書きました。 自分を責める人が勘違いしていることがあります。 それは、 「わたしのせいだ」ということが、 「わたしが悪いんだ」にはならない、 ということです。 たとえば通常の会話では、 「あなたのせいです」と言えば…

なぜ自分責めがやめられないのか。なぜ罪悪感を感じてしまうのか。

ガルシアです。 「すぐに罪悪感を感じてしまいます」 「自分を責めることがやめられません」 よくこういうご相談を受けることがあります。 このふたつは心のしくみ的には、 とてもよく似たものです。 罪悪感とは「わたしが悪いんだ」と 自分を責めている、と…

心の世界には、正誤や善悪や良し悪しという概念はありません

ガルシアです。 昨日の記事の補足です、 というかこっちが本編かもな長さです。 このブログでも何度も書いていますが セルフイメージに限らず、心の世界には、 正誤や善悪や良し悪しという概念はありません。 そこにあるのは、 快か不快かという基準、区別、…

自信が無いのは、そこに絶対の自信があるからです

ガルシアです。 自分を信じることができない、 という人がいます。 自分のことが許せない、 という人もいます。 自分を認めようとしても、 認められない人もいます。 でも、そこには無意識のうちに、 矛盾が隠れています。 自信が無い、とは、 《自分のこと…

罪悪感が生まれるのは、自分を正誤で裁いているからです

ガルシアです。 このブログでも何度も書いていますが、 悩んでしまうほとんどの原因は、 生き方の好みがハッキリしていないからです。 好みがハッキリしていないことが原因なら、 好みをハッキリさせることでしか、 解決できないはずなのに、 目の前の選択肢…

あなたの感情も行動も、そこにあるのは良し悪しではなく、あなたの好き嫌いです

ガルシアです。 なぜ罪悪感を感じてしまうのでしょうか。 それは簡単に言えば、 感情や起きた出来事や行ったことを、 良し悪しで考えてしまっているからです。 良いか悪いかで考える、という基準が無ければ、 罪悪感は生まれません。 罪悪感を感じることはあ…

②なぜ感情に翻弄されてしまったのか

ガルシアです。 昨日は月に一度のZOOMのお知らせを書いたので、 続きが一日飛んでしまいました・・ 一昨日のブログの続きです。 あなたが感じた感情に、 良いも悪いもありません。 そう感じてしまったものは仕方がありません。 本音で言えば、 「そう感じち…

ネガティブに良いも悪いもありません

ガルシアです。 昨日の記事で、甘さと美味しさ、 五感のセンサーと感情の違いについて 書きました。 甘いとか辛い、と感じることと、 美味しいと感じることは別です。 綺麗さや美味しさは、 ぼくらの心が感じることです。 そしてそこには正解も良し悪しも無…

「どうすれば罪悪感を無くせますか?」

ガルシアです。 罪悪感がある、という方がいます。 どんな時に罪悪感を感じるのかは、 ほんとうに人それぞれです。 みんな自分でも思わぬところに、 罪悪感を感じるようです。 素直に喜んではいけない、とか あんまり感情を表に出すものでは無い、とか 人を…

なぜ罪悪感を感じてしまうのか

ガルシアです。 罪悪感とは、その字の通り、 悪いことをしている、という 罪の意識を持つことです。 そして、 罪悪感とは他人に対してではなく、 自分に対して持つものです。 つまり罪悪感とは、 自分自身を裁く思考が無ければ、 発生することはありません。…

湧いてきた自分の感情に罪悪感を感じてしまう、そんな自分を責めてしまう

ガルシアです。 わたしたちの感情には二種類しかありません。 快か不快か、のどちらかです。 味覚も二種類しかありません。 美味しいか、マズいかのどちらかです。 昔「どちらでもない、というのもありますよね」 と言われたことがありますが、 どちらでもな…

「罪悪感があると夢は叶いませんか?」

ガルシアです。 一昨日、動画見放題会員のための、 月に一度のZOOM公開セッションを 初めて行いました。 特にそんなに告知せず、一度くらいだったので、 参加者は一人でも面白いなと思っていたのですが、 21時からと遅い時間だったにもかかわらず、 14人もの…

なぜ罪悪感を感じてしまうのか。

ガルシアです。 そういえば先日大阪のDXでこんな話が出ました。 ちょうど地震の後で、被害が地域によって かなりの差があった、という話をしていたところ、 「うちはほとんど損害が無くて軽かったんです。 でも、それで『よかったー!』って喜ぶのは、 ほか…