ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

本当の原因

日常生活で、

人の頭の中で、

人のココロの中で、

僕の周りで、


いったい何が起きているのか、

なぜそうなっているのか、

なぜそのインプットに対してそういうアウトプットになるのか。


そういう事に僕はきっとものすごく関心があるんだと思います。


そのこと自体を自分がどう感じるかよりも先に、

なぜそうなっているのかに興味があります。


それを自分がどう感じるか、は後回しです。

すごく簡単に言うと
「うわー、なんでそんな反応なのかな?」の理屈が気になります。


その奥底にある本当の原因が気になります。


一見違う理由や原因でその反応やイライラや
悩みが発生しているようにみえても、

根本的な原因は実は全然違う場所にあったりします。


例えばやる気が出ないことを悩んでいるとしたら、

やる気が出ないことが悪いわけではなく、

やる気を出せないあなたの性根や性格が悪いわけでもなく、

【やる気が出ないこと】を悪いことだと思い込んでいることが、

その悩みを発生させている原因かも知れない、と言うことです。


その対象にやる気が出るかどうかは【良い、悪い】の問題ではありません。

やる気が出る理由と出ない理由があるだけだ、ということです。


その理由という原因を放置したままでやる気を出そうとすることに
そもそも無理があるのです。