ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

あるべき自分像

日常生活の中で【あるべき自分像】を持っている方が多いように思います。

これって別に自然なことのように思いますが、
実は【あるべき自分像】を作ってしまうと、

その自分になるためのタスクが全部MUSTになってしまうような気がします。

【あるべき自分像】=ならなければいけない自分

と考えると、そこへ向かうまでの道筋がすべて

【やらなければいけないこと】になってしまうと思うのです。


つまり

『やるべきことをやらないとあるべき自分になれない』

その思考がその人の【やらなければいけないこと】を作り出しているような気がします。


人の思いや情熱は【あるべき自分像】ではなく

【なりたい自分像】なのではないかな、と思います。


あなたが世界をどう捉え、日々の出来事をどう受け止めてしまっているかによって、

あなた自身の『わたしってこんな人』を作り出しているのだとしたら、

日々の行動は無意識の『自分らしい』行動になっているはずです。


その根底に【あるべき自分】がいると、日常のタスクはかなり苦しいものにならざるを得ません。


【なりたい自分】になりたいから『こう行動したい』

もう少しだけ素敵な自分なら『きっとこう考えてこう行動する』


【なりたい自分像】が根底にあると、その自分へ向かう行動は

【やらなければいけないこと】ではなく

【やらずにはいられないこと】になるのだと思うのです。



次回東京1Dayセミナーは7月25日です

ワクワクで行こう♪DX東京第6期無料見学受付中


良かったらどうぞ♪
メールセミナー
http://wakuwakudeikou.com/mailreg.html
メールマガジン
http://archive.mag2.com/0000270351/index.html  


 こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ