ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

相手に感情の主導権を奪われると、人はどうなってしまうのか。

ルシアです。

先日書いたこちらの記事の最後に、

ただし、そのことと、 「その相手の言動に対して、 どう反応する自分になりたいのか」は別の話です。 そのことについては、 別の機会にまた書いてみます。

主体的な感想=感情の主導権を握っている。反射的な反応=感情の主導権を奪われている。 - ワクワクで行こう♪

 と書いたまま、放置していました・・

というか、すっかり忘れてた(ーー;) 

 

日書いた記事は《感情の主導権》について書いたものですが、

感情の主導権をあなた自身がしっかりと握り、

相手に感情を揺さぶられるのではなく、

相手に感情を揺さぶらせずに、

感情の主導権を自分で握って、主体的な感想を持つ、

というところまででした。

 

うなって初めて、

目の前の状況に対して、

「どんな自分でいたいのか」

「どう反応する自分ならもっと素敵なのか」

「どう対応する自分に憧れるのか」

などが考えられるようになります。

 

f:id:wkwkdeikou:20180111015159j:plain

に言えば、

相手に感情の主導権を渡したまま、 

相手に感情を揺さぶられている状態では、

「どんな自分でいたいのか」

「どう反応する自分ならもっと素敵なのか」

なんて、考えられないのです。

いくらそのことを一生懸命考えても、

おそらくなにも出てこないはずです。

 

・目の前で起きている状況を客観的に観察する

・情報を正確にキャッチする(収集する)

これらができて初めて、

あなたは主体的な感情を持つことができるのです。

その上で《どんな自分になりたいのか》

《もっと素敵な自分なら、

今のこの状況にどう対応するのか》

を考えることができ、

いろんなイメージも湧いてくるのです。

 

しもあなたがコミュニケーションの場面で、

「どんな自分に憧れるのか、なんて考えられない!!」

と思ったとしたら、

それはかなりの確率で、

相手に感情の主導権を奪われている証拠です。

感情の主導権を奪われる、とは

主体的に、自主的に、冷静な判断ができなくなってしまう、

ということなのです。

 

↓↓↓新年はぜひこちらへお越しください↓↓↓

◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

◇1/13(土)大阪1Dayセミナー◇

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter