ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

日本の親が気づけない「子供をバイリンガルに育てたい」の危険性

ルシアです。

ちょっと気になる記事があったので紹介します。 

これFBにも書いたのですが、

言語能力がどうやって発達するのか、

ということの根本を見誤ると、

たいへんなことになってしまいます。

 

界中の人は、それぞれに【母国語】を持っています。

ぼくらがふだん何気なく使っている【日本語】もそうですが、

書いたり読んだり、だけではなく、

ものを考えているときも、

頭の中はみんな【母国語】で考えています。

 

国語、というのはOSなんです。

なにをそこにインストールするのか、

という違いはあっても、

思考の基準は【母国語】というOSを使うことになります。

あとで獲得した言語で、あたらしい概念を理解できるのは、

あくまでも母国語の豊かさがあったから、です。

 

f:id:wkwkdeikou:20170810193335j:plain

 

本語、というのはとても豊かな言語です。

英語に匹敵する、いやそれ以上の語彙があります。

英語が世界中に広がっている、ということは

世界中の人の思考をカバーできるだけの語彙が

英語にはある、ということです。

日本語はその英語に匹敵するほどの語彙を持っています。

明治維新後、ほとんどの英語を漢字に変換することで、

日本語はその数を爆発的に増やしてきました。

だからこそ、日本語を習得している、というのは

他の語彙数がもっと少ない言語を母国語にもつ人々よりも、

じつはとても有利なのです。

 

この言語でも構わないのですが、

母国語でものをしっかり考える、

という能力が無ければ、

いくら外国語を勉強しても、

貧相なものしか表現することはできません。

どんな言語を駆使しても、

その人が表現できる内容は、

【その人の頭の中の豊かさ】を越えられないからです。

 

をどの言語を使って発達させるのか、

というのは、この記事の本題ではありません。

それはまた別の話です。

でも、どんな言語でも、

【なにかを考えるチカラ】ということを考えたら、

まずは【国語力】を鍛えることが、

その後のすべての能力を発達させることよりも

最優先だと思います。

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 
◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

◇8月26日 東京1Dayセミナー◇

◇東京DX第10期は11月4日より開催◇

◇年間スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter