読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

昨日の1Dayとシェア会で感じたこと。

|―セルフイメージについて

ルシアです。

昨日は東京1Dayでした。

初めて午前中に開催したのですが、

これ、なかなかいい感じでしたので、

今後はもう少し午前中開催もやってみようと思います。

「午前中からで、終わりの時間が早かったので来れました」という方や、

「時間が遅くなるので今まで第二部に参加できなかったんです」

という方もいらっしゃったので(*^_^*)

f:id:wkwkdeikou:20160619052831j:plain

人数で、しかも第一部の方が

ほとんど第二部までの受講だったこともあり、

いつもよりかなり深い部分までじっくりと、

個別の質問にもお答えしながらお話できました。

やはり少人数だと中身の濃さが断然違います。

 

前中からの1Dayと14:00からの第二部に続き、

夜のDX生限定のシェア会も、

今回はかなり少人数に限定して行ったので、

こちらの中身もかなり充実したものになりました。

全員が共通のOSを持つ、という中でのセミナーは、

深さとスピードが通常の1Dayとは比べものにならず、

最初の一時間で少し休憩を入れるという、

異例の事態になるほどでした。

 

回は1Dayでもシェア会でも、子育てに関する質問が出て、

「子どものしつけはなにを基準に行えばいいのか」

「子どものセルフイメージはどうやって作られるのか」

という事についてもお話したのですが、

そこもやはり最後は、

「どんな子どもの親でありたいのか」

つまりは

「どんな自分になりたいのか」

という事に結局は尽きるのです。

親ならば子どもに幸せになってもらいたいのは当たり前ですが、

そこばかりを考えてしまうと、

「どうやればいいのだろう」という、

「正解を探しに言ってしまう」というところにぶつかってしまいます。

そうではなく、子育てにおいても結局のところは、

「どんな子どもの親でありたいのか」という、

自分の人生の好みを判断のよりどころとして、

自らの中に基準を作っていく以外に無いのです。

 

「周りがその人をどう扱うのか、が、

その本人にとっての

『わたしはどう扱われている人なのか』

というセルフイメージを形成する。」

というお話はブログでも何度かお伝えしてきましたが、

そのテーマを断片的にでは無く明確に、

まとめてセミナーでお伝えしたのは、

もしかしたら初めてだったのかもしれません。

こちらの記事も参考にしてみてください。

 

間の関係上、簡潔な形でしかお話できませんでしたが、

親と子どものセルフイメージの関係や、

年齢別の「どうやって子どもに接していくといいのか」

という問題は、

永遠不変の誰にでも当てはまるテーマだとあらためて感じました。

子育ての問題においても他の問題と同様、

なんらかの「正解」を探してしまうと「悩み」になってしまい、

こじらせるとあっという間に深みにはまってしまいます。

今後はそういう内容のセミナーもやってみたいな、と思います。

 

常の1Dayでお伝えしている内容と、

男女セミナーでお伝えしている内容を、

うまくかいつまんで組み合わせれば、

年齢別、性別に対応した、

どこにもない「子育てセミナー」になると思います。

ちょっと検討してみます。

 

☆今後のセミナーのご案内☆

◇6月18日 東京1Dayセミナー

◇6月18日 DX生限定シェア会

◇7月22日 大阪1Dayセミナー

◇7月23日 大阪1Dayセミナー

◇8月13日 大阪DX第二期スタート◇

◇9月3,4日 札幌2Daysセミナー◇

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

~カウンセリングのご案内~

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

なぜ悩みが発生してしまうのか。

なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

来週以降で少しご用意しましたので、

スケジュールが合えばぜひどうぞ。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
わかりやすく ステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

ポチッと応援よろしく願いします

 

 

◇動画で見る◇

◇毎日配信しています♪◇