読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

ちゃんと考えてみたらちょっとおかしいこと。

ルシアです。

シンプルな原点は、

シンプルなことだけに軽く考えがちですが、

ほんとうに深く深くちゃんと考えると、

やはりとても奥が深いのです。

たとえば、

【潜在意識はあなたのイメージを受け取ります】

これは昔から多くの方があらゆる書籍や講演でおっしゃっていることなので、

かなり有名になってきていて、既にご存知の方も多いと思います。

それだけに軽く考えてしまいがちですが、

ここにとても重要な秘密が隠されているのです。

 f:id:wkwkdeikou:20160212011305j:plain

「潜在意識はイメージと現実の区別がつかない」

「潜在意識は現実は受け取らない」

これらの言い回しも結局は

潜在意識がイメージしか受け取らないことを指しています。

この原則を利用してさまざまな成功法則やイメージ法などが

多くの方によって生み出されていますが、

それらの方法はこの原則を元に考え出されたものであるにもかかわらず、

よくよく考えたら、

この原則に反したノウハウが世の中に氾濫しているのです。

そのノウハウの根本を成すこの大原則について

もう一度 原点に戻って考えてみます。

 

在意識があなたのイメージを受け取るためには条件があります。

それはあなたがそのイメージに対して感情を伴っている事が条件です。

なにも感情が沸き起こらないものが潜在意識に入るということはありません。

家から駅に歩いているときに視界に入るすべてのものが

あなたの感情を沸き起こさせるわけではありません。

視界に入るすべての物から想起されるイメージが

いちいち感情を引き起こさせていたら大変です。

 

まりあなたが感情を伴ったときにのみ

そのイメージが潜在意識に入る、ということです。

私たちが「あ、良いな♪」と感じたり

「嫌だな」と感じた時、

そのイメージが潜在意識に入ります。

私たちが何かを「良いな♪」と思ったり

何かを「嫌だな」と感じたりするのは

とっさの無意識の反応です。

事前に用意したり、

意図的に感じようとした感情では無いはずです。

 

なたはその感情を意図的に自分自身で選択はしていません。

その時とっさに、そう感じただけです。

そして、あなたが感じたその瞬間に

潜在意識はあなたのイメージを受け取っています。

とっさにあなたがそう感じた。

その感情が湧いたイメージを潜在意識は受け取っているのです。

 

して、

何かを意識して強く感じようとがんばったとしても、

あなたはきっと感情を意図的に強く感じることは出来ないはずです。

目標を強く念じると潜在意識に入る、

と思っている方もいらっしゃるとは思いますが、

強く感じようと頑張ろうとする、

という時点で「そもそもそんなに強く感じているわけではない」

ということなのです。

もしもそれが出来るのなら、

がんばれば「美味しく」なったり「マズく」なったり、

ということが出来るはずなのです。

ちょっと長くなったので明日に続きます。

  

◇次回大阪1Dayは3月11日12日の予定です。◇

阪でのセミナーですが、

特にハッキリとしたテーマがあるわけではありません。

セルフイメージと潜在意識の関係やそのしくみを元に、

日常で気になっている心の問題に焦点を当てていきながら、

今回も濃い内容を面白くお届けします。

疑問や質問など備考欄にご記入いただければ、

セミナー内容に盛り込みます。

もちろん初めての方にも分かりやすく、

再受講の方も毎回新しい発見があると思います。

入り口部分を簡単にまとめてみました。

よかったらこちらもどうぞ。

wkwkdeikou.hatenablog.com

回から二部制にしたことで、

今までの潜在意識に関するもやもやや

一部で聞いた内容への混乱が

かなりスッキリと解決できると思います。

二部ではみなさんからいただいた質問などを中心に、

具体的に日常生活で応用できるような話をしたいと思います。

まだ未体験のかたはぜひ一度セミナーへお越しください。  

詳細、お申込はこちらから

www.wakuwakudeikou.com

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について

 

ポチッと押して応援していただくととても嬉しいです(*^_^*)

 

 

◇動画で見る◇

www.youtube.com

◇毎日配信しています♪◇

twitter.com