ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

やらなきゃいけないことなんて、最初から無かったんです。そのことにあなたが気がついた瞬間が、あなたの人生からMUSTが消えた瞬間です

ルシアです。

5月の末から、大阪DX第Ⅲ期を開催していますが、

前回は《MUSTはそもそも存在しない》ことを説明した回でした。

(それが本題ではなく、それは前フリだったのですが・・)

そこでいただいた質問に簡単に回答したのですが、

言葉足らずな部分もあり、

また、誰にでも当てはまる事例だったので、

加筆してブログにも書いてみます。

ちょっと長いです。

 

もそもMUSTは幻想で、そんなものは最初から存在していない、

ということを、僕は12年前からずっと言い続けています。

初めての方はこちらを参考にしてみてください。

 

質問:

mustが外れた場合、今までmustだったから頑張れてたのが、

嫌になっちゃって出来なくなるという現象は起きませんか?

自分がどうなりたいか明確であれば、そこに戸惑いは生じない。

でも明確でない段階でmustを外すのは、

人によっては、どうして良いのか分からなくもなるような気もします。

特にmustの感覚で生きてきた人にとっては。

卵が先か鶏が先か、的な話かもしれませんが。

 

例えば、自分を抑え人に合わせる性格だったとする。

そうしなきゃいけないと思ってきていた(must)。

でもそれはmustではなかったと気付き、

人に嫌われる自分ではいたくなかったから、

そうしてきていたのだと分かる(want)。

で、改めて考えると人に合わせることなんてしたくなかったんだ、

という本心にも気付く。

でも人には嫌われたくない。

mustがあることによって、ある意味淡々と行えていたこと(DO)が

余計に苦痛に感じるようになってしまった。

でも人には嫌われたくない。

wantが分かったからといって、

それに伴うDOがやりたくなるけではないのですが、

mustが取れることによってDOが余計苦痛になってしまうこともあるのではと。

どう有りたいかは、

この場合、人に左右されない自分になりたいのかもしれないけれど、

そこに行き着くにはかなりのハードルがあるような。

 

MUST、つまり《やらなければいけない》と思っていたからこそ、

これまで無理にでもできていた。

それが無くなってしまったら、つまり

《やらなければいけない》理由が無くなってしまったら、

もう苦痛になって、できなくなるのではないか。

そう心配する気持ちも分かります。

でもこれは《そこにあったものをどけてみた》というだけです。

MUSTがあることが前提で、

元々あるものを、どけてみただけです。

これではMUSTは無くなったことにはなりません。

 

MUSTは《外したらどうなるのか》というようなものではなく、

《その向こう側にあるWANTSに気がついた時が、外れた時》です。

「今までは人に合わせなきゃ(MUST)、と思っていたけれど、

そうじゃなくて、どこかで《人に合わせたい》(WANTS

という気持ちがあったのだ。」ということです。

これからはMUSTを外していきましょう、ではなく、

最初からそんなものは無かったのです。

これまでのあなたの行動のすべてが、

じつはMUSTではなく、WANTSによって選択されていた、

そして、今までそのことに気がつかなかった、

というだけなのです。

 

体的な事例のひとつひとつのそれぞれに、

その人その人の事情や理由があって、

・嫌な目に会いたくないから。

・やらないと自分が困ることになるから。

・なんらかのメリットがあるから。

そういったさまざまな理由で、

これまでも、そしてこれからも、

わたしたちはたとえどんな場合でも、

必ず《なりたい自分》のほうを選んでいます。

その自分になるために、

今までもずっと、その行動を行っていたのです。

 

f:id:wkwkdeikou:20170712035857j:plain

 

も、その「やらなきゃ!」というMUSTが、

その人のパフォーマンスを下げていた原因なので、

MUSTが無くなったら頑張れなくなる、

などという事は起きません。

MUSTがただの《なりたい自分》になるための予定になるだけです。

だから、MUSTが無くなったら、

ただ単に「やろう」か「やめよう」かのどちらかになるだけなのです。

 

しも、みなさんの頭の中に、

「サラリーマンだから、仕方がない、やらなきゃ

と思っていたから出来ていたのに、

強制(MUST)じゃないのなら、会社には行きたくない」

になるのではないか、

という疑問が湧いているのだとしたら、

それは根本的に違います。

マストを外す、というのは

「やらなきゃいけないこと」を「やらなくていい」に変換する作業ではありません。 

 

れまでも会社に行っていたのは、

「行かなきゃいけないから、しかたなく行っていた」

という感じしかしないかも知れませんが、

じつはそうではなかった、ということです。

そこには必ず、行くことによるメリットを受け取った

《なりたい自分》(WANTS)がいて、

そのあなたになるために《会社に行く》(DO)

という行動を選択していた、ということなのです。

 

から、「人に合わせなきゃ」というMUSTが無くなっても、

それは 「ここは人に合わせておこう」

「ここは合わせるのはやめておこう」に変わるだけなのです。

今まで人に合わせられてきたのは、

「合わせなきゃいけない」

と思っていたから、合わせられたのではなく、

どこかで、なにかの理由があって、

合わせるメリットがあって、合わせてきたのです。

やらなきゃいけないから、合わせられてきたわけではありません。

みずからのWANTSがあったから、合わせてこれたのです。 

 

れまでも、そしてこれからも、

わたしたちはずっとWANTSで動いているのですが、

「やらなきゃ!」というMUSTで動いていたような気がしていただけです。

動いてきた理由を、MUSTのせいにしてきただけで、

本来はそこにMUSTなんて、最初から無かったんです。

そのことにあなたが気がついた瞬間が、

あなたの人生からMUSTが消えた瞬間です。 

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 
◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

7/29(土)◇コミュニケーションが変わる!男女別セミナー応用編!◇

   ・知らなきゃダメでしょ!!男性限定セミナー♪

   ・知っててよかった♪女性限定セミナー

◇東京DX第10期は11月4日より開催◇

◇年間スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter