読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

㊹「イメージ」をするときのコツ:その1

ルシアです。

今日は以前書いたイメージの仕方の補足を少し書いてみます。

あなたがイメージをする「ポイント」を見つける際に、

じつはちょっとした【コツ】があるのです。

最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。

れは、イメージには距離感がとても大切だと言うことです。

あなたにとってそのイメージが、あまりにも遠すぎるものだと、

あなたはそこに【リアリティー】を感じることができません。

かといって、すぐに出来そうな「近すぎる」イメージだと、

たしかに嬉しいかもしれませんが、パッとしないというか、

ただの「予定」になってしまうので、

「楽しみに待つ」ということはあっても、

現実とのギャップをすぐにでも埋めたくなって、

「いてもたってもいられなくなる」という状態にはなりません。

f:id:wkwkdeikou:20161105000103j:plain

のあなたにとって、ちゃんとリアリティーがあるのかどうか。

それは本人でなければ分かりません。

あなたにとってリアリティーがあるイメージ、とは、

そのことを考えただけでうわの空になってしまうようなイメージです。

でも、それは妄想とは違います。

あなたの潜在意識にあなたの快の感情を伴ったイメージが届いたら、

そのイメージと現実のギャップを埋めたくなって、

ぼくらは「いてもたってもいられなくなる」はずなのです。


想にそのまま浸っていたくなるイメージとは、

あなたが現実逃避するためのイメージです。

それは誰に言われなくとも、あなたが一番よく分かっているはずです。

あなたを突き動かすイメージとは、

イメージしている場合じゃなくなるようなイメージのことです。

早くそうなりたくて、何かを始めずにはいられないようなイメージです。

 

ちろんそこに「夢の大小」は一切関係ありません。

他人にとやかく言われるようなものではないはずです。

大切なことは「あなたにとってどれだけリアリティーがあるのか」

という事だけです。

だってリアリティーが無ければよだれは出ないのです。

あなたの身体が反応するようなイメージでなければ、

意味はないのです。

自分自身を過小評価して、失敗しないような

「これくらいなら大丈夫だろう」というようなイメージをしたところで、

あなたの胸はドキドキしないのです。

 

からこそ、日常での「YES!」を積み重ねること。

それがなによりもあなたのイメージのリアリティーを増していくのです。

そうやって繰り返すうちに「やっぱり」から、

「そうなりそう」→「そうなるに違いない」

とあなたの感情は少しずつ変化していくのです。

あなたも気がつかないうちに。

あなたが行動した結果に対しての確信や、

その結果に対しての感情、リアリティーがあると、

あなたは次の目標に向かって動かずにはいられなくなるのです。

明日はもうひとつの「イメージ」のコツ、というか

イメージするときの注意点について書いてみます。

 

 

~カウンセリングのご案内~

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

なぜ悩みが発生してしまうのか。

なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

たまにしか空いていませんが、

スケジュールが合えばぜひどうぞ。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

ポチッと応援よろしく願いします

◇動画で見る◇

◇毎日配信しています♪◇