ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

【無意識の好み】

メルマガより抜粋
http://archive.mag2.com/0000270351/index.html


先週の土曜日の6月26日から東京DX7期がいよいよ始まりました。

当日は見学の方も含め40名ほどの方にお越しいただきました。

詳しくは編集後記にて。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【無意識の好み】

普段の日常生活の中で私たちはさまざまな決断に迫られます。

無意識のうちに処理しているものを含めると、

もうそれはものすごい数になると思います。

洋服を選ぶとき

靴を履くとき

シャワーを浴びるとき

朝食を食べるとき

通勤するとき

ランチを決めるとき


無意識に決めているときもあれば、

意識して選んでいるときもあります。

*****************************************************

悩んでいるときというのは【選べない状態】になっているときだと思います。

『AにするべきかBにするべきか』

ランチを決めるような小さなことも

将来を決定するような重要なことも


『どちらにしたら良いのか分からない』

これが悩んでいる状態です。

*****************************************************

それでは私たちが悩んでいない時はどういう状態でしょうか。

『最初から正解が分かっている時』

もちろんそれもありますが、普段の日常生活の中で

正解が分かっていることなど実はほとんどありません。


ランチメニューを悩まずに決められるのは

『それが食べたかったから』


独立か転職かで仮にまったく悩まない人がいたとしたら、

それはどちらの自分に【より成りたがっているか】が

最初からハッキリしているから。

*****************************************************

転職か独立かで悩むのは、もちろん不安などの様々な

複雑な要素が絡み合っていはいますが、

『どちらを選択すれば良いのか分からなくなっているから』


つまり悩んでいないときは

『どちらを選べば【良い】【正解】なのかが分かっている』
というわけでは無いのに、

悩んでいるときは
『どちらを選べば【良い】【正解】なのだろう?』
と自分自身に問い掛けてしまいます。

*****************************************************

当然ですが答えの無い質問を脳に投げかけても答えは出ません。

ですが、脳は正解を求めてグルグルとずっと同じところを回り続けます。

これが【悩んでいる】状態です。


私たちは自分の好みがハッキリしていたり、

その先に希望を見出してそちらに進みたくてたまらなくなっている時には

あまり悩みません。

どちらの子と付き合うか、でも同じことです(笑)


選択肢が目前に提示されたとき、

自分の中の好みがハッキリとしていれば、

私たちはほとんど迷うことがありません。

*****************************************************

ビジネスに置き換えた場合に、

まったく当てはまらない乱暴なことを

言っているように聞こえるかもしれませんが、

会社の戦略も同じことです。

どんなに分析しても検証しても【正解】はどこにも無いのです。

結局最後は『やってみなければ分からない』のですから。


さまざまなデータを基にして売り上げ予測を事前に計算しても、

最終的な決断の根幹は【無意識の中にあるあなたの好み】です。


どちらを選ぶ自分になりたいのか。


それがハッキリしているとき、私たちはほとんど迷うことがありません。


ならばそれがハッキリしていないことが

迷っている原因の根本なのだとしたら、

まずは好みをハッキリとさせないことには、

迷うことが多くなってしまうということです。

*****************************************************

どちらがより自分の好みなのか。

それがハッキリとしていないからこそ迷っているのに、

『どうすれば良いんだろう?』と質問していても答えは出ません。


『どちらの自分により憧れるだろうか?』

『どちらの自分になりたがっているのだろう?』

この質問ならきっと潜在意識はあなたに答えを提示してくれるはずです。


あなたの生き方の好みがハッキリとしないうちは、

悩みは尽きることが無いのだと思います。


Garcia

===============================
今日のヒント:

悩むのは好みがハッキリしていないから。

【無意識の中にあるあなたの好み】がハッキリすれば悩む場面は激減する。

正解が無い状況で【どちらが良いのか】を質問するのは止めよう。

『どちらの自分により憧れるだろうか?』

『どちらの自分になりたがっているのだろう?』

===============================

―――編集後記――――――――――――――――――――――――

今日のお話はメルマガでさらっとお話できるような内容ではなく、

20分くらい喋らないとなかなかニュアンスが伝わらない気がします。

ぜひ『本当にそうなっているのか』を日常生活でたくさん体感してみてください。

こういうのは音声教材とかで20分くらいでまとめると良いのだろうか。。。
あ、良いのだろうか、って言っちゃった(^_^;)


DXは2回に分けたのでそれぞれの回に約20名ずつでの参加でした。

つまり今までの通常の定員です。

それでもやはりエアコンの効きはイマイチ。。。

いや~40名でパンパンにならなくて良かったです(^_^;)

これからさらに暑くなるのでやはり少人数にして良かったです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Garcia


良かったらどうぞ♪

潜在意識のシンプルな原則をステップバイステップで分かりやすくお伝えしていきます。
メールセミナー
http://wakuwakudeikou.com/mailreg.html

不定期発行
メールマガジン
http://archive.mag2.com/0000270351/index.html


【ワクワクで行こう♪】とは?→こちら


セミナー概要はこちら