読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

【チャンスとピンチ】その2

チャンスについて

さて前回の続きです。



メルマガより抜粋

http://archive.mag2.com/0000270351/index.html


【チャンスとピンチ】



そもそも【ピンチ】とか【チャンス】の定義ってなんでしょうか?


【ピンチ】も【チャンス】もあなたが無意識に【今起きているその状況】をそういう風に受け止めてしまった、


というだけのことです。


【誰が見ても100%ピンチ】も無ければ、【誰が見ても100%チャンス】も無い。


今のあなたが受け止めてしまった、今のあなたにとっての【ピンチ】や【チャンス】があるだけです。


だからこそ同じことが起きても『チャンス!』と思える人と『弱ったな~、ピンチだ』と思ってしまう人がいると言う事だと思うのです。


『もったいないな~、あの人、せっかくのチャンスだったのに…』


とあなたが思ったとしても、その人にとってチャンスに見えなければ、その人はきっとその【チャンス】を見逃してしまうでしょう。


【あなたがチャンスだと思ってしまったこと】


これが【チャンス】の定義です。


**************************************************************


ならば『ピンチなのにチャンスだと勘違いしてしまう自分』だとどうでしょう?


『ピンチに気付かない自分』と言うのもこれはこれで素敵ですが、


せっかくならその【ピンチ】が【チャンス】に見えたほうがより良いわけです。


ましてやあなたにとっての定義が、『ピンチはしょっちゅうやってくる』
『チャンスはめったにやってこない』だと、もう日々の結果は火を見るよりも明らかです(^_^;)


あなたは『ピンチを避けようとして』いますか?


それとも『チャンスを探して』いますか?


**************************************************************

僕は昔、大きなチャンスをつかんで成果を出し、心から喜んだ後には必ず大きなピンチが来ました。


『うわ~~、せっかくうまく行ったのになんでなんだろう。いまだかつて無い凄いピンチだ…』


『やっぱり幸せと不幸はバランス取るように出来てるんだな…楽あれば苦ありだ…』


と思っていたものです。


そうです。『やっぱり喜びの後に必ず不幸はやってくる』と思い込んでいたんです。


ある意味思い通りの人生です(爆)


でもそれはピンチではなく実はチャンスだったことに途中で気付いたんです。


自分がチャンスをつかんで達成すると、次回は前回よりも大きなチャンスが回ってきます。


自分の許容量を少し超えたものがやって来るので一見ピンチだと見誤ってしまうのです。


それをつかんでその向こう側へ行くとさらに自分のキャパシティーが拡がります。


喜びも倍増です。


もう周りが分からなくなるくらい喜びます。(^_^;)


でも、、そのあとに、、さらに、、、チャンスが、、


と言うわけで最近【乗り越えたくなる障害】は来ますが【ピンチ】は来ません


あなたは今ピンチですか?チャンスですか?


Garcia


===============================
今日のヒント:


【ピンチに強い自分】ではなく、【チャンスを見逃さない自分】になろう。


あなたは『ピンチを避けようとして』いますか?


それとも『チャンスを探して』いますか?


あなたにとって【チャンス】はめったに来ないもの、ではなく


『しょっちゅうやってくるもの』になっていますか?


===============================

 




こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ