読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

⑤「感情をコントロールしたい」とは、「次はもっとなりたい自分に近づきたい」という願望のこと。

【潜在意識】について 【ワクワクで行こう♪】とは |―感情について 未来の自分 憧れの自分

ルシアです。

過去記事は膨大な情報量ですが、最近連載で書いています。

初めての方は、ここからどうぞ。

「感情はコントロールできない」

とは言うものの、

そうは言っても「コントロールできるものなら、コントロールしたい」

と思ってしまうのが人間です。

だからこそこんなにもたくさん、

「感情のコントロール」に関する手法が、

世の中に出回っているのです。

そのくらい多くの人のニーズがあるのだ、と。

そして、そういったノウハウやテクニックを学びたい、

と多くの方が思ってしまうのは、そのくらい、

「感じた感情に対して後悔している、手を焼いている、

なんとかしたいと思っている」

ということなんだろうと思います。

 

れでもやはり「感情はコントロールできない」のです。

とっさに「すっぱそう!」と思った気持ちを、

無かったことにはできないように。

あなたがとっさに感じた「美味しさ」や「気持ちよさ」や「嬉しさ」を

無かったことにできないように。

それでも、感じた感情を「もっとコントロールしたい」と思うことはあります。

「あんなに怒らなきゃよかった」とか。

f:id:wkwkdeikou:20160919023019j:plain

くの人が「感情をコントロールしたい」と望むのは、

そのくらい「後悔」している、ということに他ならないと思うのです。

過去を思い出して、「こうすればよかった」と。

でもそれは、言い換えれば

次はそんなに怒らない自分になりたい、

こんな風に対応する自分になりたい、ということなのです。

だからそれは、あなたのなりたい自分。

将来の憧れの自分。

「あんなに怒らなきゃよかった」とは

「次はあんなに怒らない自分になりたい」という願望のことなのです。

 

から「感情をコントロールしたい」とは、

「次はもっとなりたい自分に近づきたい」という願望のことであり、

結果として「次にもっと怒らずにすむ」方法を知りたい、

ということに他ならないのです。

そして、あなたがその「憧れの自分」になるためにこそ、

潜在意識は全力であなたをサポートするのです。

あなたが「憧れの自分」に「なりたいなぁ」とイメージしている時、

潜在意識はそのあなたのイメージ=願望を受け取っています。

目の前で誰かがすっぱいものを食べたとき、

思わず「すっぱそう!」と感じて、唾液が出てしまう。

そこに隠れた大切な原則の最後のもうひとつ。

「潜在意識はイメージしか受取らない」について、

明日、書いてみます。

 

 

 

☆今後のセミナーのご案内☆

◇10月15日 東京1Dayセミナー

~カウンセリングのご案内~

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

なぜ悩みが発生してしまうのか。

なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

たまにしか空いていませんが、

スケジュールが合えばぜひどうぞ。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

ポチッと応援よろしく願いします

◇動画で見る◇

◇毎日配信しています♪◇