読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

やる気になることについて その1


メルマガより抜粋

http://archive.mag2.com/0000270351/index.html


【やる気になること】
 



私たちは日常生活の中で、しばしばヤル気になろうとします。

『ヤル気にならなきゃ』と思うこともたびたびあります。

ヤル気になる、とはどういうことでしょうか?


ヤル気にならなければヤル気がしない、と言うことは

ヤル気にならなければ取り掛かる気がしないくらいに

そのことがやりたくないという事です。


もう少し丁寧に表現すると、

【ヤル気にならなければいけない状態】ということは

【今はヤル気になっていない状態】と言えるわけです。


つまりそのことに対して、いまいち取り掛かる気力が無い状態、と。


しかし私たちが好きなことに向かう時には、おそらく

ヤル気を出してから行う、ということはないのではないでしょうか?


例えば好きな彼氏や彼女に電話を掛けるときに、
いちいちヤル気になってからじゃないと
電話を掛ける気がしない人はいないと思います。


身もふたも無いのですが、
ヤル気にならないと取り掛かれないのは、
たいていあんまりやりたくない事に対して、です。

やりたくないことだからこそ【ヤル気】を出して取り掛かろうとする。


もちろんあなたがヤル気になる事を否定するわけではありません。


少なくともヤル気にならなければやれない事とは、

あなたがヤル気になっていない時は

やりたいとは思っていない、と言うことです。


長くなってきそうなので(^_^;)また明日。


こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ