ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

これらはすべて気のせいです。

ルシアです

「好きなことだけしていればうまく行く」

「嫌なことはしなくてもいい」

「好きなことだけやっててもダメ」

「快だけ選んで不快を避けていると成長しない」

「やりたくなくてもやらなきゃいけないこともある」

「ほんとうはやりたいのに出来ないことがある」

これらの良くある説に対してワクワクで行こう♪には

ロジカルに反論出来るだけのバックボーンがあります。

なぜならこれらはすべて気のせいだからです。

f:id:wkwkdeikou:20160126043743j:plain

「好きなことだけ選んでもダメ」なのではなく、

現実には好きなことしか選べていないのです。

あなたが嫌々選択した、と思っていることでさえ、

いろんな理由があって「好きな自分になれる方」を選んでいます。

セミナーではその裏づけとなる理論と理屈と証拠をちゃんとお見せします。

 

なた自身の「好きな自分」

つまり「自分の好み」が分からないと

なにかを決断することも

どちらかを判断することも

思考することも出来ません。

良いか悪いか。

正しいか間違っているか。

これを追い求めたところでいつまでたっても答えには辿りつけないのです。

ある程度経験を重ねた大人なら、

人生に正解が無いことくらい知っています。

 

とえば、その状況に耐えるか耐えないかは

「耐える自分」と「耐えない自分」のどちらが好きなのか。

あなたの好みがハッキリしないと、

耐えるかどうかの判断も出来ないのです。

そちらを選ぶ自分でありたいかどうか、だけであって、

「耐えねばならない」わけでもなんでも無いのです。

 

んなに些細なことも、

どんなに大きなビジョンも、

会社のプロジェクトでも、

ちょっとした日常の行動の選択でも。

考えられる限りのあらゆる状況を想定してもなお、

予測のつかないことは山ほどあります。

それでも今の自分の考えられる限りの範囲内において、

想定できる状況が自分にとって

「好ましいのか、そうではないのか」

これを基準に人は【自然と】自分の行動を選んでいます。

自覚は無くとも無意識下では必ずそうなっています。

 

から「本当はやりたくないけど、嫌だけれどしかたがない」

なんてことは起きていないのです。

やった行動もやらなかった行動も、

すべてあなたが「好みの自分」になるために行った選択なのです。

 

きなほうを選ぶ、ということと

楽なほうを選ぶ、というのは全然違います。

場合によっては真逆だったりもします。

「快を選んでいくと目の前の快楽に溺れませんか?」

と昔質問してくれた方がいました。

その疑問はもっともだと思います。

でも自分の好みがはっきりとしていく、ということは

【目の前の快楽に溺れる自分】が好みかどうかも

はっきりとしていく、ということです。

【目の前の快楽に溺れる自分のこと】が好きにならない限り、

そんなあなたにはなろうとしてもなれないのです。

つまりそんな場面に遭遇してもそちらを選ばない、ということです。

 

して、好みがはっきりしたことにより、

以前よりもより困難な道のりの方を選ぶ、

ということもあるのです。

 

◇次回大阪1Dayは3月11日12日の予定です。◇

近日中に受付開始予定です。 

~カウンセリングのご案内~

自分の心のボトルネックがどこにあるのか。

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

少しだけご用意しましたが、次の募集は未定です。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

 

ポチッと押して応援していただくととても嬉しいです(*^_^*)

 

 

◇動画で見る◇

www.youtube.com

◇毎日配信しています♪◇

twitter.com