ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

あなたの行動=DOに掛かっているMUSTは気のせいです。その向こう側に必ず、あなたの《なりたい自分》が存在しています。なりたい自分=BEが分からないのは、手前の行動にあるMUSTで隠れているからです。

ルシアです。

ワクワクで行こう♪というセミナーでは、

MUST=しなければいけない事、は

最初から存在しない、ということを説明しています。

「べき」をやめよう、という話は時々聞きますが、

あるものを無くしていこう、という話ではなく、

そもそも最初から、そんなものは無いのです。

 

USTがなぜ、無いと言えるのか。

その詳しいしくみについては

これまでにもなんども書いていますので、

今日はそこには触れません。

こちらの記事を参考にしてみてください。 

 

つにMUSTがあっても、

まったく、あなたの行動力を妨げなければ、

とくに問題は無いのですが、

往々にして、

「やらなきゃ!」と思えば思うほど、

やっぱりヤル気は失せていってしまいます。

そして、

「やらなきゃいけない事は分かっているんだけど、ヤル気になれなくて・・」

ということになってしまいます。

でも、じつはそのMUSTこそが、

あなたのヤル気を下げてしまっている原因です。

上の記事ではそのことについて、

詳しく解説しています。

 

日は日常生活の中で、

どういうところにMUSTが隠れているのか。

それを具体的な事例で書いてみたいと思います。

あなたのMUST発見に応用してください。

 

番分かりやすいのは、

「買い物に行かなきゃ!」とか

「もう、起きなきゃ」

「出かけなきゃ」

「仕事しなきゃ」などです。

これらのMUSTは発見しやすいですが、

そのほかにも、あらゆるところにMUSTは潜んでいます。

 

f:id:wkwkdeikou:20171026055134j:plain

 

らが正しいか間違っているかを考えている時。

そこにもMUSTは隠れています。

正しいほうを「そうであらねばならない」と考え、

間違っているほうを「そうするべきではない」

と考えているからです。

正誤、善悪、良し悪し。

これを考えているときは、

必ずそこにMUSTがセットになっています。

 

「〇〇したほうがいい

「〇〇しないほうがいい

という言い方もそうです。

これも良し悪しで断定しています。

そこにMUSTがセットになっています。

 

ょっと分かりにくいですが、

「〇〇しましょう」と言われたときも、

しなければいけない、に変換する場合がたくさんあります。

「〇〇しましょう」と言われて、

「じゃあ、やってみよう」と思うのならMUSTはありませんが、

たとえば「自分を赦しましょう」と言われて、

「赦さなきゃ・・」と思ったり、

「自分を好きになろう」と言われて、

「好きにならなきゃ・・」と思ったとしたら、

そこがMUSTになってしまっています。

 

た、あなたのタスクが《重要》なのか《緊急》なのか。

その考え方にもMUSTは潜んでいます。

重要や緊急というのは序列をイメージしています。

先に、優先的に「やらなきゃいけないもの」

として分類しています。

そこにもやっぱりMUSTが存在しています。

 

も、あなたにとってタスクとは

じつは優先順位順に並んでいるわけでも、

重要度や緊急度の順に並んでいるわけでもありません。

《どれを先に終わらせた自分になりたいのか》

というあなたの「なりたい」というWANTSに基づいた順番になっています。

先に終わらせたほうが快適な順番、

先に終わらせないと不快な順番、

になっているのです。

その順番で終わらせたほうが、あなたが幸せになれる、

その順番で終わらせないと、あなたが嫌な目に合ってしまう、

そういう順番です。

 

いうことは、それは

《あなたの生き方の好み》の順番になっている、ということです。

あなたの好みの順番になっている以上、

あなたの好みが変わらない限り、

演習などで価値観を入れ替えても、

タスクリストの順番は、

またすぐ元の状態に戻ってしまいます。

 

っけん《やらなければいけないこと》なんて、

ほとんど無いように感じていたとしても、

あなたが《ほんの少しの時間の気晴らし》に

感を感じることがあるとしたら、

そこにも良し悪しが隠れています。

あなたは自分の《行動》を重要か緊急か、で考えて、

その《ほんの少しの時間の気晴らし》を

良くないもの、価値の無いもの、無駄な時間

だと無意識にジャッジしています。

その時間はあなたにとって快適なものであるはずなのに。

そうやって僕らは《小さな快》を見逃し、

「ちいさな快すら見つからない・・・」

ということになってしまうのです。

 

USTは往々にして、あなたのヤル気を下げてしまいますが、

その一方で、MUSTは必ず

あなたのWANTSのあるところにしか発生しません。

MUSTはあなたの《行動》を制限し、

あなたのやりたいことやWANTSを隠してしまいますが、

その向こう側には必ずあなたの、

《なりたい自分》が存在しています。

「やらなきゃ!」と思えば思うほど、

ヤル気が無くなるなら、MUSTなんかなくていい。

と思うかもしれませんが、

あなたにWANTSがあるからこそ、MUSTが発生しているのです。

 

アノがうまくなりたい、

みんなから褒められたい、

注目を浴びたい、

たとえどんなWANTSであろうと、

なんらかの《なりたい自分》がなければ、

「ピアノを練習しなきゃ!」とは思えないのです。

「買い物に行かなきゃ!」と思うのは、

夕飯を食べる自分になりたいからです。

「会社に行かなきゃ!」と思ってしまうのは、

会社に行きたいから、ではなく、

会社に遅刻せずに間に合うことによって、

必ずあなたにメリットがあるからです。

もちろんそれ以外の動機の場合もありますが。

 

なたの行動=DOに掛かっているMUSTは気のせいです。

その向こう側に必ず、あなたの《なりたい自分》が存在しています。

なりたい自分=BEが分からないのは、

手前の行動にあるMUSTで隠れているからです。

そんなものは最初から存在しなかったんだ、

という感覚が腑に落ちたとき、

あなたの行動はすべて《なりたい自分》になるための

行動だけになってしまうのです。

◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

◇東京DX第10期 11月18日より開催◇

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 
◇年間スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter