読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

やる気になろうとするからやる気がしない。

再掲載加筆訂正版です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


あなたに今、

【なりたい自分】や【理想の自分】が無かったとしても、


「きっと見つかるに違いない」という未来を期待する事は出来るはずです。


夢が昨日と変わったとしても、

それを変える自由ささえ持っていれば、

昔の自分が決めた昔の目標に今のあなたが縛られることはありません。


夢が昨日と変わったとしても

あなたの感性が敏感でなければ、

夢が変ったことにすら気付かず、

もうその夢に興味が無くなってしまった事にも

気付かないままなのかも知れません


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

興味が無くなってしまったことに気付かないままそこに向かおうとしても、

なかなかやる気にはなりません。

そんな時、私たちは無理やり頑張ってモチベーションを上げてヤル気になろうとします。

でも、


「ヤル気にならなければヤル気がしない」とは

「ヤル気にならなければそれを行う気がしない」と言う意味です。



「頑張ってモチベーションを上げないとそれをやる気にはならない」

つまり「やりたくない」という事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

でも本当はあなたはその向こう側へ行きたいのかも知れません。

その向こう側に行ってみたいからこそ、

目の前のタスクを「やらなければ!」と思い、モチベーションを上げようとしているのです。


モチベーションを上げなければ、憧れの向こう側に行く気がしないのは、

本当はおかしな話なのです。


その「やらなければいけない!」という思いが、実はあなたのモチベーションを下げているのです。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

好きな人に逢いに行きたいと思う気持ちと、

好きな自分になりたいと思う気持ち


本質はどちらも同じなのだと思います


「やる気にならないと好きな人に逢いに行きたくならない」のは、

その人のことがもう以前より好きではないからなのかも知れません。



自分の【感性】がどちらを目指しているのか


自分にとっての【快】はどちらの方向にあるのか



そこに敏感にならなければ、

あなた自身はいつまでも行きたい方向が分からないままです。


人は自分の未来に期待し、必ずそうなれるような『気がする』と、

どんな努力をしてでもそこへ向わずにはいられなくなります。


頑張らなければいけない、のではなく、

頑張りたくなるのです。



【憧れの自分】へ日々確実に向っている事を実感している時や、

夢を達成した瞬間だけでなく、

追いかけている時もまた、人は幸福感を感じます。


その自分になることもまた、夢を叶えることのひとつだと思うのです。






ポチッと押していただくととても嬉しいのです。ぜひよろしくおねがいします。

人気ブログランキングへ



よかったらどうぞ♪
メールセミナー
http://wakuwakudeikou.com/mailreg.html