ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

思考は一度文章化してみること

ワクワクを始めてもうずいぶんと永いこと経つよな気がしますが、

それでも未だに自分の中で進化し続けています。

日常生活でふと思ったことなどは一度文章にしてみます。

新しく思考がつながったときには何かの折に誰かに話してみます。

うまく話せるか、

うまくつながるか、

頭の中でロジックが破綻してはいないか。


形のないものを表現しようとするときに、

話してみると『どこが曖昧なのか』がすぐに分かります。


文章にするとなるとさらに難易度は上がります。


話し言葉の方が文章で表現するよりもはるかに易しい気がします。

身振りや手振り、声のトーンなどで様々な表現の色付けが可能です。


絵文字をまったく使わずにメールだけで感情表現しようとするのと同じです。


そうして自分の中で揉んでいきながら、

相変わらずさらに深く真理へと近づきたいと思っています。


ワクワクはまだ進化中です。