ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

【好きなのにできないこと】その2

好きなことが続かなくなることは誰にでもあることです。

読者の方からいただいた質問にどうしてそうなってしまうのか、を僕なりに考えてみました。

いただいた質問はこちら

【好きなのにできないこと】その1

嫌いになったわけではない。

まだ好きなことは分かっている。

でもなぜか取り掛かる気になれない。


この方も『できないということは好きではなくなってしまったのか?』

と書かれていますが、

最初にいただいたメールから、嫌いになったわけではないのだと感じたので、

そのように返信したら、やはり『嫌いになったわけではない』とのことでした。

ではなぜ取り掛かる気ににならないのでしょうか。

*****************************************************

【たとえば趣味の場合】

ほとんどの趣味の場合は『好きなのに続かない』という現象に陥ることはあまりありません。


一時的に熱中しているか、昔ほど熱中しなくなったか。の違いがあるだけです。


その時々の自分の関心の度合い、その情熱の強さによって、

その趣味に割く時間などが変化していきます。


ずっと好きで続けているものでも、そこに掛ける情熱の深さは刻々と変化しています。


そのときに【昔ほど熱中しなくなった自分】に気づくことはあっても、

『昔ほど熱中していないなー』と悩む人はあまりいません。

つまり昔ほど熱中していないことが悩みになることはあまり無いと思います。


本来好きで始めたものなら、そこに対する関心の度合いの変化に悩むということは

あまり起きないのではないのかと思っています。

*****************************************************

ではなぜ、であるにもかかわらず多くの人が、

『好きなのに続かない』という事態に悩んでしまうのでしょうか。

そのことが好きならやっているはずなのに。

好きなのに取り掛かれないのはなぜなのでしょうか?


もう少し考えてみてくださいね♪


明日はもう少し長めに書きますね。


メルマガより抜粋
http://archive.mag2.com/0000270351/index.html


良かったらどうぞ♪

潜在意識のシンプルな原則をステップバイステップで分かりやすくお伝えしていきます。
メールセミナー
http://wakuwakudeikou.com/mailreg.html

不定期発行
メールマガジン
http://archive.mag2.com/0000270351/index.html





【ワクワクで行こう♪】とは?→こちら


セミナー概要はこちら