ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

まじですかい ヾ( ̄0 ̄&#59;ノ



面白いので、この方のメルマガをとっていますが、

http://archive.mag2.com/0000274041/index.html


今日のネタはこんなんでした。


★「世界各地で未確認飛行物体(UFO)や謎の生命体が
発見されたというニュースを耳にすることがありますが、
イギリスでは子供の3人に1人が「先生は宇宙人」と信じ
ているそうです。」(GIGAZINE)


まじですかい!!!


★「これらの記事によると、イギリスの5歳から16歳の
子どもたちに宇宙人に関して質問をしたところ、3人に
1人が「先生は宇宙人だ」と信じており、4人に3 人が
「緑色の小さな怪物が宇宙のどこかにいる」と考えて
いることがわかったそうです。
また、宇宙人の性格を「友好的」と答えた子どもが72
%おり、宇宙人が地球を征服するかもしれないという
危機感はほとんど無いようです。」(GIGAZINE)


なぜ危機感は無いんでしょうか。。。。



★「この結果に関して児童心理学者であるLaverne Antr
obus氏は「宇宙人は児童図書や映画、テレビ番組などで
多く取り上げられる題材であるため、このような結果に
なっても不思議ではない」とコメントしています。」
GIGAZINE)


いや、そんな理由で納得できないです。。

十分不思議だって。


日本だとどうなるんだろう。


ある意味すれてないというか。。