ワクワクで行こう♪~心の方程式~

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

楽しい時間の作り方

ルシアです。

いつも書いている、このブログの内容とは

なんの関係もありませんが、

昨日は年に一度のバンドのライブでした。

友人に誘われて加入したのですが、

早いものでもう11年目になってしまいました。

 

に一度のライブのために、

5月あたりから曲を決めて、

少しずつみんなで練習するのですが、

もしバンドをやっていなかったら、

きっとこんなに練習することもなかったと思います。

 

ちろん音楽が好きだし、

楽しいから続いているのですが、

それでも一人で弾くのと、

バンドやライブがあるから練習するのとでは、

上達や集中力が全然違います。

 

なたは誰と過ごしているときが、

なにをしている時が楽しいですか?

どうせ同じ時間を過ごすなら、

誰だって嫌な時間よりも

楽しいほうがいいに決まっています。

 

f:id:wkwkdeikou:20191117081505j:plain

 

も、ともすればわたしたちは、

つい無意識のうちに時間を浪費し、

「どうすれば楽しい時間が過ごせるのか」

ということを意識することを忘れがちです。

 

常生活の中で、

あなたがなんのために、誰と、

どこで、なにをして過ごすのか、というのは、

あなたが考えている以上に、

とても大切なことなのです。

 

ちろん意図的に過ごしている時間もありますが、

ふとしたことで、無意識のうちに

時間が過ぎてしまうことが、

まだまだたくさんあるはずです。

 

に有意義な時間を過ごしましょう、

ということではありません。

意図的になにも考えない時間を作る、とか

意図的にぼーっとする時間に使う、など、

それが意図的であればいいのですが、

ともすればわたしたちは、

無意識のうちに時間を

使ってしまっていることがよくあります。

 

々からやってみたいな、と思っていたことや、

つい時間が無くてできていないことなども、

じつは意識をすれば、

かなりの時間をそこへ使うことができます。

そんなに長くなくてもいいのです。

一日30分だけでも、

必ずあなたのためのエンターテイメントに使う。

そう決めるだけで、

その毎日の積み重ねが、

あなたの心の質をきっと変えてくれるはずです。

 

なたがなんのために、

どんなことをしてその時間を過ごすのか。

あなたが楽しめる時間は、

まだまだいくらでも作り出せるはずです。

 

初は、楽しむとか楽しめる、とは

どういうことなのかについて

書こうと思っていたのですが、

早い段階で別の話になってしまったので、

そのことについては明日また書いてみます。。。

↓↓↓ポチっと応援おねがいします♪↓↓↓

  

 

◇月額会員制のご案内◇

・1Dayセミナーのフル動画が30本以上見放題!

・月に一度直接あなたの質問にお答えします。

・当月分無料、退会はいつでも自由です。

あなたのお越しを心よりお待ちしております。
↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加

 
 

ワクワクで行こう♪~心の方程式~音声教材&DVD

☆「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
メールセミナーはこちらから


「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています

HP ワクワクで行こう♪~心の方程式~

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter

感謝すれば幸せになれるのか②

ルシアです。

昨日の続きです。 

 

スクの二つ目は、

2.そもそもの順番を間違えてしまう

「人に感謝すれば幸せになれる」

「だから、感謝がすることが大切です」

と言われてしまうと、

「感謝すると幸せになれるのか」

「感謝しないと幸せになれないんだ・・」

と思ってしまいます。

 

もほんとうはそんな順番では無いはずです。

人は感謝をしたから幸せになるのではなく、

嬉しくなったから、幸せを感じたから

思わず感謝したくなった、

という順番であるはずです。

 

なたが普段の生活の中で

感謝してしまうのはどんな時でしょうか。

 

しかったから、

思わず「ありがとう!」と言ってしまった。

ありがたいな、と思ったから、

「ありがとうございます!」と

思わずお礼を言ってしまった、

などだと思います。

 

からプレゼントをもらった時に、

思わず「ありがとう!」と言ってしまうのは、

嬉しかったからです。

感謝したから嬉しくなったわけじゃなく、

嬉しかったから感謝した。

心の動きはそういう順番になっているはずです。

 

なたにとってその出来事が嬉しくて、

幸せな気持ちになったからこそ、

つい無意識に笑顔がこぼれ、

「ありがとう!」と言いたくなった。

 

ちろん「ありがとうございます!」

と感謝したことによって、

さらにまた嬉しさが増してくる、

ということはあると思います。

 

も、あくまでも

嬉しかった、が最初であって、

感謝したらプレゼントが嬉しくなった、

なんてことでは無いはずです。

 

f:id:wkwkdeikou:20191116011825j:plain

 

たしたちの心は

《幸せな気持ちになるから感謝したくなる》

というのが自然な順番になっているはずです。

 

たしたちは、その出来事を

「嬉しいな♪」と感じたら、

自然と感謝してしまいます。

ということは、あなたにとって、

「嬉しいな♪」と感じる機会が増えていけば、

自然と感謝も増えてくるはずです。

 

に相手がどんなつもりで言ったとしても、

あなたが喜びさえすれば、

あなたは嬉しくなって、感謝して、

幸せになれるはずです。

そうなったらもう、喜んだもん勝ちです(笑

 

日も書いたように

「これをやっていれば、

きっといつかは幸せになれる」

ということや、

「感謝しなければ幸せになれない」

ということが、

《今は幸せではない》

という思い込みにつながっていないか。

今感謝できていない、ということが

自己嫌悪や自己否定の原因になっていないか。

 

然に考えれば、

嬉しいから、喜んだから、

楽しかったから、

ありがたいなと思ったから、

幸せを感じたから感謝したくなる、

ということになっているはずです。

 

まり、感謝とは、

あなたが喜んだ《結果》だということです。

 

いうことは、大切なことは、

感謝することそのものではなく、

あなたがささいなことでも喜べるような

心の持ち主にさえなってしまえば、

自然と感謝することも増えるはずです。

 

しさや幸福感があってこそ、

感謝が生まれるのであって、

喜びや幸福感の無い感謝は、

ただの社交辞令です。

そんな、頭で考えただけの、

ノルマと化した口先だけの感謝は、

あなたの心の感受性を、

かえって鈍らせてしまうだけなのです。

 

直に考えたら、

「感謝が足りないなぁ・・」

と思ってしまうのは、

感謝が足りないのではなく、

心が喜んでいることを、

たくさん見逃しているなぁ・・

ということなのです。

↓↓↓ポチっと応援おねがいします♪↓↓↓

  

◇月額会員制のご案内◇

・1Dayセミナーのフル動画が30本以上見放題!

・月に一度直接あなたの質問にお答えします。

・当月分無料、退会はいつでも自由です。

あなたのお越しを心よりお待ちしております。
↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加

 
 

ワクワクで行こう♪~心の方程式~音声教材&DVD

☆「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
メールセミナーはこちらから


「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています

HP ワクワクで行こう♪~心の方程式~

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter

一見正しそうな言葉に潜むリスク①    

ルシアです。

世の中には、

言われてみれば確かにその通りなんだけど、

なんとなくモヤモヤする。

一見正しいように見えても、

いや一見正しいように見えるからこそ、

一見立派な言葉に聞こえるからこそ、

なんだかモヤモヤしても、

うまく反論できない。

 

かにそうなんだけれど、

なんだか違う気がする。

だけど反論できるわけじゃないから、

やっぱりそうなのかと思って、

無理に頭で納得しようとする。

でもスッキリしているわけじゃない。

と感じることが時々あります。

 

えば「人に感謝すれば幸せになれる」

「だから、感謝がすることが大切です」

「いろんな身の回りのものに感謝しましょう」

とあなたが誰かに言われたとします。

 

う言われたら誰だって、

「そうか、感謝することが大切なんだな」と思います。

そのこと自体はなにも間違っていません。

「感謝なんかしたら不幸になってしまう!」

「感謝なんか必要ない!」なんて思う人は

あんまりいないはずです・・・

 

から、もしもあなたがその言葉を聞いて、

ついつい忘れがちな日ごろの感謝を思い出し、

あなたの中に色んな感謝の念が

湧き起こってきたのなら

それはそれで、もちろん素晴らしいことです。

 

f:id:wkwkdeikou:20191115035653j:plain

謝すること自体が正しいとか間違っている、

という話ではなく、原則として

感謝すること自体は素晴らしいことだ

という前提で話を進めます。

 

れでもこの話に、

あなたがモヤモヤしたり、

うまく反論できないけれど、

なんだか違う気がするのは、

この話の中に《間違い》が隠れているからです。

 

で考えたら正しそうなのに、

それでもモヤモヤしてしまうのは、

その間違いと「いや正しいはずだ」

という思いが矛盾してしまっているからです。

 

っていることが間違いだということよりも、

無意識のうちに《間違えて》

受け取ってしまうリスクがあります。

そのリスクは大きく分けて二つあります。

 

 1.【今を不幸だと思ってしまう】ことへのリスク

「人に感謝をすれば幸せになれる」

というメッセージをあなたが受け取った時、

無意識のうちに

「今は幸せじゃないけど、幸せになりたい。。。

どうすればいいんだろう。。

そうか、感謝すればいいのか!」

「じゃあ幸せになるために感謝しなきゃ」

「幸せになるためにまずは感謝することだ!」

なにかのノルマのように、

《感謝すること》を自分に課してしまうことがあります。

 

れでは、

感謝することが大切です、という話が、

いつのまにか《感謝しなければいけない》

という話にすり替わってしまいます。

 

して無意識のうちに

「今の自分が幸せじゃないのは

感謝が足りないからだ」

「だからもっと感謝しなくちゃ」

と思ってしまい、

《感謝できていない人》

《今は幸せではない人》

というメッセージを潜在意識に伝えることに

なってしまいます。

 

に感謝をすれば幸せになれる、という文章は

「こうすればこうなる」ということが

書かれてあるだけです。

これが正しいのか間違いなのか、

という話はいったん置いておきます。

でも少なくともこの中に

《今のあなたの現状》を決めつける言葉なんて

なにも入っていません。

 

もかかわらず、ともすれば私たちは

「今が不幸だから幸せになるために感謝しなきゃ」

「感謝が足りないから今が不幸なんだ」と

今の苦しさから逃れる方法ばかりを追い求め、

「感謝することが、

そこから脱出するためのノウハウだ」

と思ってしまいます。

 

も潜在意識は《今》と《過去》と

《未来》の区別がつきません。

あなたがより強く感じているほうを、

あなたの《状態》として受け取るだけです。

 

んとは幸せになりたいのに、

「ここが嫌だからこうしなきゃ」

「感謝が足りないから幸せになれないんだ」

と考えている時間が長く、

そのことを強く感じていればいるほど、

潜在意識はあなたを《今》の状態に留めてしまいます。

 

してがんばって感謝しようとすればするほど、

感謝できない自分を否定してみたり、

感謝することがノルマのようになってしまって、

ほんとうに心から感謝しているのかどうかさえも

分からなくなってしまいます。

ちょっと長くなりそうなので明日に続きます。

↓↓↓ポチっと応援おねがいします♪↓↓↓

  

◇月額会員制のご案内◇

・1Dayセミナーのフル動画が30本以上見放題!

・月に一度直接あなたの質問にお答えします。

・当月分無料、退会はいつでも自由です。

あなたのお越しを心よりお待ちしております。
↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加

 
 

ワクワクで行こう♪~心の方程式~音声教材&DVD

☆「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
メールセミナーはこちらから


「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています

HP ワクワクで行こう♪~心の方程式~

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter