ワクワクで行こう♪~心の方程式~

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

幸せについて

HSPの人が生きやすくなるには何が大事だと思われますか?

ガルシアです。 先日バニちゃんと対談し、 延び延びになっていたこちらを ようやく始めることができました。 毎回みなさんからいただいた質問を元に、 気になったものを選んで、 二人で自由に話をするので、 すべての質問に答えるわけではないので、 できる…

悩んでしまうのは脳に対する質問が間違っているからです

ガルシアです。 「どうすればいいんだろう・・・」 わたしたちは悩んだとき、 つい「どうすれば良いのか」を 脳に質問してしまいます。 悪い結果ではなく良い結果が出る方法や 今考えられるベストな方法、 間違えない正しい方法を探そうとします。 でも、そ…

ちゃんとしてもしなくても、そんなことはどちらでも構いません

ガルシアです。 たとえば掃除をするのは、 掃除をしなきゃいけないからでも、 掃除をすることが正しいからでもありません。 部屋は綺麗じゃなきゃいけないわけでも 綺麗な方が良いわけでもありません。 そんなことはどちらでも構わいません。 部屋を掃除する…

幸せを感じることが目的です

ガルシアです。 ワクワクで行こう♪では、 日常にあふれる小さな快を、 丁寧に拾っていくことが すべてのスタートです。 でもこれは 《なにかの目的のため》の手段として、 集めるわけではありません。 美味しい、とか嬉しい、とか 綺麗だな、と思うことが、 …

大切なことは、あなたが幸せでいられる場所に立ち続けること

大切なことはあなたの幸せを見つけること。 あなただけの幸せを見つけること。 どんなものがあなたを幸せにしているのか。 いつあなたは幸せを感じているのか。 大切なことは、 あなたが幸せでいられる場所に立ち続けること。 大切なのは幸せになれる方法で…

「他人を幸せにできるような人になりたいです」

ガルシアです。 「他人を幸せにできるような人になりたいです」 という質問をいただきました。 気持ちは分かります。 他の人を幸せにすることに、 喜びを感じるタイプなのだと思います。 目の前の人が喜んでくれると、 嬉しくなるから、 もっと人を幸せにし…

それは「どうなれば幸せになれるのか」が分からない、ということです

ガルシアです。 「甘い」や「辛い」は味覚です。 「赤い」や「青い」は視覚です。 舌や目がセンサーとして周りの情報をとらえ、 甘さや辛さ、青や赤という色を認識しています。 でも「美味しい」とか「マズい・・」 というのは味覚ではありません。 「きれい…

やらなければいけないことばかりに囲まれていると幸せにはなれません

ガルシアです。 今日お伝えしたいことは、 もうタイトルで書いてしまっていますが、 これ普通に解釈した場合とは ちょっと意味が違います。 仕事や家事などで、 やらなければいけないことばかりに 追われてしまうと、 心もすり減ってしまい、 アクセク働くば…

できることならいつもご機嫌でいたいあなたへ

ガルシアです。 もちろん誰だって、 いつもいい気分でいたいものです。 ご機嫌でいたいはずです。 不機嫌なほうが好き、 という人はいないと思います。 できることならいつも機嫌よくいたいけれど、 でもそうとばかりも言っていられない。 不健康よりも元気…

どんな行動もすべてはあなたが幸せになるため

ガルシアです。 あなたのすべての行動は、 たとえそこにどんな理由があろうとも、 他のだれかのためではなく、 あなた自身が幸せになるためのものです。 自分のことよりも、ほかの誰かのために、 あなたががんばれるのなら、 それはそこにあなたの幸せがある…

嫌な気持ちにさせることは見逃さないけれど、自分を幸せにしてくれるものは見逃してしまう

ガルシアです。 昨日の記事にも書きましたが、 正解やメリットだけを求め、 効率や知識を身につけることばかりを続けていると、 自分の《快》に気づかなくなってしまいます。 常に正しい方法ばかりを求め、 ビジネスの勉強やマーケティングや、 効率化や知識…

手段を手に入れただけでは幸せにはなれません

ガルシアです。 効率を求め知識を身につけて、 いくら武器を増やしているつもりでも、 そのこと自体が目的になってしまったら、 やがて《不快なこと》は分かっても、 好きなものや嬉しいことが 分からなくなってしまいます。 そうなることが好きだから、 知…

⑨小さな快から始めるのは、なりたいあなたを見つけるためです

ガルシアです。 昨日のブログの最後にこんなことを書きました。 あなたの人生の中でひとつでも 「やらなきゃ」という思考を無くしていくのは、 なによりも生きやすさのためでもありますが、 それよりもあなたにとっての快、 つまり《生き方の好み》の傾向を…

④未来に期待することよりも、あなたが幸せになるためにもっと大切なこと

ガルシアです。 なんとなく連載になってきたので、 番号振ってみました。 もしもあなたが、いつの間にか 「また起きるんじゃないかな♪」と思えたら、 それはあなたの心の質が変わった証拠です。 その期待感があれば、あなたの毎日は、 期待感が無かった頃の…

周りに気を遣って、自分を抑えて、空気を読んで生きていても、あなたは幸せになりません

ガルシアです。 もう薄々感じているとは思いますが、 周りに気を遣って、自分を抑えて、 空気を読んで生きていても、 あなたは幸せになりません。 なぜなら、 《周りに気を遣って自分を抑えて空気を読むあなた》 と付き合いたい人しか残らないからです。 そ…

④幸せを感じた瞬間をちゃんと味わっていますか

ガルシアです。 昨日の記事の続きです。 ということは、 目標は作ったり明確にしたりするものではなく、 いつの間にか自然と、 明確になっていくものだ、ということです。 なぜあの人は目標が、 最初から明確だったのか。 それは目標を明確にしたから、 では…

「わたしは間違っていない」と思うのなら、幸せになることは諦めてください

ガルシアです。 人は誰でも幸せになりたいと望みます。 人は誰でも幸せでありたいと望みます。 心ではそう望んでいるはずです。 なのに、頭ではいつも、 正しくあろうとしています。 正しくあらねば、と思っています。 僕らは小さなころから、 間違えると怒…

幸せになるために言うことを聞くのではなく、不幸にならないために言うことを聞く子ども

ガルシアです。 一昨日のブログですが、 後半部分で別の話になってしまったので、 昨日に続き、少し詳しく補足します。 一昨日のブログはこちら 怒られる時にしか、 自分に関心を向けてもらえないのなら、 子どもは《自分を見てもらう方法》を 他に知らない…

なぜちっとも幸せに向かっている感じがしないのか

ガルシアです。 いつも書いていることですが、 潜在意識はあなたを幸せにするためだけに 働いています。もう、これは絶対です。 「でも全然そんな気がしない」 「ちっとも幸せに向かっている気がしない」 「嫌なことばかり起きてしまう」 「苦手なことや欠点…

すべての原因はあなたが《いつ幸せを感じているのか》をたくさん見逃してしまっているからです

ガルシアです。 昨日の補足を少し書いてみます。 「どうすれば幸せになれるのか分からない」 「やりたいことが見つからない」 「なりたい自分が分からない」 「目標が明確にならない」 「目標を決めてもつい忘れてしまう」 これらはすべて、 《自分がいつ、…

あなたはどんな時に「幸せ」を感じますか

ガルシアです。 幸せになりたいと多くの人が望んでいます。 どうすれば幸せになれるのでしょうか。 そのためには当然のことですが、 まずは《幸せ》を感じる能力が必要です。 もちろんその能力は、 今さら本やセミナーで勉強しなくても、 等しく誰にでも備わ…

心を無視して頭で幸せになろうとしても、幸せは感じられません

ガルシアです。 「幸せになりたい」と こんなにも多くの方が望みながらも、 いったいどうすれば、 今よりももっと幸せになれるのか、が 昔よりも分からなくなっているような気がします。 「今が不幸だから」とか 「すでにもう幸せです」とか そんなこととは…

あなたは幸せになるために行動しているのか。不幸にならないために行動しているのか

ガルシアです。 幸せになりたいなら、 幸せになるために行動すればいいし、 不幸になりたくないなら、 不幸にならないように行動すればいいはずです。 幸せになるために行動したのに、 思ったほど幸せにならないことも あるかもしれません。 不幸にならない…

あなたが叶えたいすべての夢は、あなたが幸せになるための手段です

ガルシアです。 毎日の選択や行動や結果や、 毎日考えたり、悩んだり、 目標や夢を叶えようとしたり、 夢に向かって努力したり、 本を読んだりセミナーに出たり。 そのすべては、 あなたが幸せになるための手段です。 大切なことは、 知識ばかりではなく、 …

あなたはどんなことに夢中になる人なのか、どんなことがあなたを夢中にさせるのか

ガルシアです。 このことはブログでもう何度も書いていますが、 それでもやはり日々のコンサルティングや カウンセリングで多くの方の悩みに接するたびに、 あらためてそうだなと強く感じてしまいます。 あなたがいつ、どんなものに幸せを感じているか、 ど…

そんなことは問題でもなんでもありません

ガルシアです。 昨日の記事の続きのようなものを書いてみます。 あなたがどうしても欲しくなってしまったもの。 どうしてもなりたくなってしまった自分。 どうしてもたどり着きたい場所。 あなたがたとえ今そこにたどり着いていなくても、 欲しいものがまだ…

「なんでもいい」という人に限ってあとで文句をいうのは、かまって欲しいからなのか?  

ガルシアです。 昨日に引き続き、 先日の対談で出た話題について書いてみます。 *「なんでもいい」という人に限ってあとで文句をいうのは、 かまって欲しいからなのか? 確かにそういう傾向もありますが、 そこを書き始めると、 ・なぜそういう人に限って、…

今いる場所をジャッジして、良いとか悪いとか、高いとか低いとか、上げなきゃとか高くしなきゃとか、そんなことはどうでもいい

現在地を把握することは必要だけど、 現在地に対する評価は必要ありません。 どこへ行きたいのか、 どうやったら行けるのかは大切だけど、 なぜここにいるのか、 どこから来たのか、 来る前になにがあったのかは関係ありません。 今いる場所をジャッジして、…

「わたしは間違っていない」と思いたいから、つい正しそうなほうを選んでしまうけれど、それでは幸せにはなれません

ガルシアです。 「やりたいかやりたくないかじゃないんだよ、 やるしかないんだ、 やらなきゃいけないんだよ!」 というセリフをよく耳にします。 ほんとうにそうでしょうか。 この言葉にうなずいてしまうのは、 その考え方が正しい、と 認めたい心理が働く…

旅行に行きたい場所が分かるのは、自分の好みがハッキリしているからです

ガルシアです。 あなたにとっての快を集めると、 あなたの好みが分かります。 そのうちに自然と、 あなたを幸せにしてくれるものが だんだん分かってきます。 そうやって、好きなものを味わって 体感して幸せになっているあなたが、 あなたの《好みの自分》…