ワクワクで行こう♪~心の方程式~

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

|―感情について

そんなことをしてもますます自分の好みが分からなくなってしまうだけです

ガルシアです。 あなたに起きた出来事が、 あなたを幸せにしたり、 不幸にしたりするわけではありません。 その出来事をあなたが、 幸せだな、不幸だな、 楽しいな、嫌だな、 と受け止めたからです。 あなたの心がそう受け止めたからです。 あなたの心の受け…

どんな感情もあなたのもの

ガルシアです。 「どうしてこんな感情が湧いてくるんだろう」 「こんな感情、感じなければいいのに」 感情に対して優劣やダメ出しを してしまう人がいます。 ネガティブな感情は感じないほうがいい、 あるいは ポジティブな感情に変えよう、とか。 自分の心…

あなたは《自分で生み出したイメージ》に感情を揺さぶられています

ガルシアです。 「良かれと思ってやったのに・・・」 あなたの想いに反して、 相手に裏切られた、と感じることがあります。 せっかく相手のことを考えて、 良かれと思ってやっても、 相手がその想いに 応えてくれないことがあります。 そんなことはよくある…

頭で考えたら分かるはず、という発想がすでにズレています

ガルシアです。 僕はカウンセリングやセミナーで、 よく「好きな食べ物はなんですか?」 という質問をします。 女性の方はほとんど即答するのですが、 時々男性でこの質問に答えられない方がいます。 「食べ物に関心が無い」 「たくさん食べられればいいです…

【動画】「絶対に忘れないでください」

ガルシアです。 今日は久しぶりに動画をご紹介します。 美味しいか美味しくないか、は個人の好みです。 その絵が好きか嫌いか興味がないか、 というのも個人の好みです。 美味しい、というのは快です。 美味しくない、というのは不快です。 お互いが「それは…

あなたのすべての感想や感情や行動は、あなたのイメージから生み出されています

ガルシアです。 たとえあなたがどれだけ冷静に、 「わたしは状況を把握している」と思っていても、 そこには必ずあなたの勝手なイメージが、 あなたの想像以上にたくさん含まれています。 先日の記事でも書きましたが、 今、世界は新型コロナウイルスで、 大…

心からそんなに望んでいないものを、いくら強く願おうとしても《強く願おうとしている人》になるだけです

ガルシアです。 昨日こんな記事を書きました。 今日はその補足というか続きを書いてみます。 わたしたちの感情はとっさに感じるものです。 「こんな感情を感じよう」と思って感じたり、 「こんな感情は味わいたくない」と思って、 感じなくさせることはでき…

感情はあなたの心が《感じる》ものです。頭でコントロールできるものではありません

ガルシアです。 感情とはあなたの心が動くことです。 心が動いた、とは、 あなたの心に感情が湧いた、ということです。 そしてそれは予期せずとっさに、 瞬間的に起こるものです。 感情はあなたの心が《感じる》ものです。 あなたの頭が作り出したものではあ…

あなたがつい不安や恐怖に囚われてしまうのは、あなたが人間だからです

ガルシアです。 たとえば、あなたがネガティブな想いに 囚われてしまったとします。 せっかく楽しい気分だったのに、 誰かに水を差されるようなことを言われたり、 ちょっと失敗したり、 不安になるようなことを言われたり、 思い通りにならなかったりして、…

どんなイメージが潜在意識に届けられているのか

ガルシアです。 いろんな本に《願えば叶う》と書いてあります。 《強く願えば必ず叶う》と書いてあります。 僕も昔「強く願えば叶うのか・・」と思っていました。 潜在意識の本などには、よく、 「あなたが強く願えばイメージが潜在意識に入る」 と書かれて…

「どんな反応をする自分でいたいのか」

ガルシアです。 不快な感情が湧いてきたら、 誰だって気になります。 その感情から早く逃れたくて、 なんとかしようとしてしまいます。 それが人として自然な反応です。 人として自然な反応なのに、 ついついそれを「よくないこと」 「ダメなこと」だと思っ…

その感情はあなたが頭で考えたものではなく、あなたの心がその感情を選んだのです

ガルシアです。 人は一日の中で色んな感情を味わいます。 ほんの些細な出来事やニュースや情報で、 憂鬱になったり、不機嫌になったり、 不安になったり心配したり。 かと思えば、 そんなこともすっかり忘れて 元気になったり、気が晴れたり。 それが人間な…

感情は解放させてもさせなくても、そんなことはどうでもいいのです

ガルシアです。 感情を解放させるワークがあります。 感情を解放させた方がいいと言われています。 そう言われると、 感情を解放させなきゃいけないような 気がしてしまいます。 感情を解放できていない自分は ダメなんじゃないかと思ってしまいます。 でも…

「こうじゃなくなればいいのに」と「こうなればいいのに」は潜在意識に伝わるイメージが全く違います

ガルシアです。 あなたの感情は、 あなたの意志とは無関係に、 ふいに湧いてくるもの。 我慢しようと思っていても、 我慢できずに湧いてくるもの。 感じようと思っていても、 感じられないものはしかたがない。 あなたが《そう》感じたものは コントロールで…

感情にあるのは良し悪しではなく、あなたがその感情を気に入るか気に入らないかという違いだけ

ガルシアです。 昨日の続きを少し書いてみます。 昨日の記事はこちら 今の自分の中に不本意なところがある、 気に入らないところがある、 だからこそ何とかしたいと望む、 なんとかしようとがんばってみる。 それは人として、とても自然なことです。 自然な…

なぜみんな《できもしないことで苦しんでしまう》のか

ガルシアです。 ありのままの自分を認めることの大切さは、 昔に比べたらここ10年で ずいぶんと言われるようになりました。 たとえ今のあなたに、 気に入らないところがあったとしても、 欠点や嫌なところがあったとしても、 そのままの自分を受け入れて、 …

今あなたが立っている場所が、行きたい場所までの最短地点

ガルシアです。 昨日こんな記事を書きました。 わたしたちは「なにかが自分を止めている、 足を引っ張っている」と感じた時、 その原因を過去に求めてしまいます。 過去に原因があって、 それがブレーキやブロックになって、 そのためにうまく前に進めないの…

感じてもいい感情や感じてはいけない感情なんてありません

ガルシアです。 わたしたちの感情には、 ほんとうは快と不快しかないのに、 感じてもいい快や不快と 感じてはいけない快や不快を 作ってしまう人が たくさんいます。 いつその快を禁じてしまったのか、 あなたはなぜその不快を、 「我慢しなきゃ」と思ってし…

それはあなたの《幸せ》とはまったく関係の無い、別々のもの

ガルシアです。 今の生活や環境に不満があるからこそ、 人は「もっとこうなればいいのに・・」 と思ってしまいます。 「もっとこうなりたい!」 だけならいいのですが、 「この嫌なところをなんとかしたい!」 のほうをついつい強く感じてしまいます。 この…

なんのイメージも無しに、あなたの感情が動くことはありません

ガルシアです。 わたしたちは一日中、 必ずなにかをイメージしています。 なにかを考えている時も、 なにも考えていない時も。 行動している時もしていない時も。 なにかを見たり聞いたり 匂ったり味わったり、 触ったりした時も。 人から何かを言われたとき…

その時のあなたは、きっと今よりももっと、自分のことを好きになっているはずです

ガルシアです。 心の方程式でお伝えしたいことは、 あなたの今の状態が、 「なぜそうなっているのか」 という理由としくみです。 理由としくみが分かったら、 世の中にあふれるノウハウやテクニックが、 「そもそもそんなことができるはずが無い」 「できる…

あなたが幸せを味わうのは、あなたが幸せになるためです

ガルシアです。 わたしたちは一度に一つのイメージしか 思い浮かべることができません。 たとえ交互に一瞬であったとしても、 同時に二つのイメージを 思い浮かべることはありません。 そして、わたしたちの感情は、 必ずイメージに対して湧いてきます。 私…

考えたくないことを考えないようにするためには

ガルシアです。 先日は月に一度の会員向けの、 ZOOM公開セッションでした。 今回もたくさんのご質問をいただきました。 みなさんありがとうございました。 健康のことや人間関係、 やろうとしてもなかなかできないこと、 お金に対する思い込み、 恋愛や反抗…

「美味しい」とか「マズい!」と思った時は「感情をコントロールしなきゃ!」なんて思わなかったくせに・・・

ガルシアです。 昨日こんな記事を書きました。 この内容にちょっと付け足しで書いてみます。 この中にも書きましたが、 わたしたちは五感で「感じた」感覚を、 良し悪しや善悪などで判断し、 そこに〇×をつけることは ほとんどありません。 いい匂い、嫌な臭…

なぜ不快さを感じた自分にダメ出しをしてしまうのか。なぜネガティブな感情を減らせない自分を責めてしまうのか。自己嫌悪はどこからやって来るのか

ガルシアです。 昨日の記事は内容的には、 本来は3回分くらいの分量なので、 分けようとも思ったのですが、 途中で切ってしまうと、 全体の流れが分かりづらくなってしまうので、 一気にまとめて書いてみました。 1日分としては長めになってしまいましたが…

人はなぜ嫉妬してしまうのか。嫉妬したときはどうすればいいのか。

ガルシアです。 先日クライアントの方から、 「人はなぜ嫉妬してしまうのでしょうか?」 という質問をいただきました。 具体的な悩みではなく、 「なぜそんな感情が起きてしまうのでしょうか」 という一般的な質問でしたので、 なぜ起きてしまうのか、という…

相手の感情を【直接】動かすことはできません

ガルシアです。 よくマーケティングなどでは、 「相手の感情を動かすことが大切だ」 と言われていますが、 じつは僕らは相手の感情を 【直接】動かすことはできません。 わたしたちにできるのは、 相手の感情を【間接的】に 動かすことだけです。 今日は短め…

あなたに好き嫌いがあるからこそ、あなたは幸せになれるのです。

ガルシアです。 感情をコントロールしたい、 と思っている人は多いと思います。 その「コントロールしたい」 と思っている【感情】とは、 たいていの場合、 本人にとって不愉快な感情です。 快適な感情をコントロールしたい、 という話はあまり聞きません。 …

美味しさに敏感になれば、好きな食べ物はちゃんと見つかる。幸せに敏感になれば、《なりたい自分》もちゃんと見つかる

あなたの好みが分からなければ、 行きたいお店は見つかりません。 だったら、 あなたの好みが分からなければ、 なりたい自分だって、 見つかるはずがありません。 好みの料理が分からないのは、 行きたいほどの美味しい料理を、 まだ食べていないからです。 …

なにかのノウハウやスキルで、あなたの感情が変えられるのなら、《あなただけの好み》なんて、どこにも無くなってしまいます

ガルシアです。 昨日の記事にも書きましたが、 ここでお伝えしていることは、 誰にでも当てはまる心のしくみ、 についてです。 どの記事も、 ぜひこれまでの知識やノウハウなどの 先入観というフィルターのない状態で ご自分の経験に照らし合わせて、 ゆっく…