ワクワクで行こう♪~心の方程式~

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

|―感情について

「どんな反応をする自分でいたいのか」

ガルシアです。 不快な感情が湧いてきたら、 誰だって気になります。 その感情から早く逃れたくて、 なんとかしようとしてしまいます。 それが人として自然な反応です。 人として自然な反応なのに、 ついついそれを「よくないこと」 「ダメなこと」だと思っ…

その感情はあなたが頭で考えたものではなく、あなたの心がその感情を選んだのです

ガルシアです。 人は一日の中で色んな感情を味わいます。 ほんの些細な出来事やニュースや情報で、 憂鬱になったり、不機嫌になったり、 不安になったり心配したり。 かと思えば、 そんなこともすっかり忘れて 元気になったり、気が晴れたり。 それが人間な…

感情は解放させてもさせなくても、そんなことはどうでもいいのです

ガルシアです。 感情を解放させるワークがあります。 感情を解放させた方がいいと言われています。 そう言われると、 感情を解放させなきゃいけないような 気がしてしまいます。 感情を解放できていない自分は ダメなんじゃないかと思ってしまいます。 でも…

「こうじゃなくなればいいのに」と「こうなればいいのに」は潜在意識に伝わるイメージが全く違います

ガルシアです。 あなたの感情は、 あなたの意志とは無関係に、 ふいに湧いてくるもの。 我慢しようと思っていても、 我慢できずに湧いてくるもの。 感じようと思っていても、 感じられないものはしかたがない。 あなたが《そう》感じたものは コントロールで…

感情にあるのは良し悪しではなく、あなたがその感情を気に入るか気に入らないかという違いだけ

ガルシアです。 昨日の続きを少し書いてみます。 昨日の記事はこちら 今の自分の中に不本意なところがある、 気に入らないところがある、 だからこそ何とかしたいと望む、 なんとかしようとがんばってみる。 それは人として、とても自然なことです。 自然な…

なぜみんな《できもしないことで苦しんでしまう》のか

ガルシアです。 ありのままの自分を認めることの大切さは、 昔に比べたらここ10年で ずいぶんと言われるようになりました。 たとえ今のあなたに、 気に入らないところがあったとしても、 欠点や嫌なところがあったとしても、 そのままの自分を受け入れて、 …

今あなたが立っている場所が、行きたい場所までの最短地点

ガルシアです。 昨日こんな記事を書きました。 わたしたちは「なにかが自分を止めている、 足を引っ張っている」と感じた時、 その原因を過去に求めてしまいます。 過去に原因があって、 それがブレーキやブロックになって、 そのためにうまく前に進めないの…

感じてもいい感情や感じてはいけない感情なんてありません

ガルシアです。 わたしたちの感情には、 ほんとうは快と不快しかないのに、 感じてもいい快や不快と 感じてはいけない快や不快を 作ってしまう人が たくさんいます。 いつその快を禁じてしまったのか、 あなたはなぜその不快を、 「我慢しなきゃ」と思ってし…

それはあなたの《幸せ》とはまったく関係の無い、別々のもの

ガルシアです。 今の生活や環境に不満があるからこそ、 人は「もっとこうなればいいのに・・」 と思ってしまいます。 「もっとこうなりたい!」 だけならいいのですが、 「この嫌なところをなんとかしたい!」 のほうをついつい強く感じてしまいます。 この…

なんのイメージも無しに、あなたの感情が動くことはありません

ガルシアです。 わたしたちは一日中、 必ずなにかをイメージしています。 なにかを考えている時も、 なにも考えていない時も。 行動している時もしていない時も。 なにかを見たり聞いたり 匂ったり味わったり、 触ったりした時も。 人から何かを言われたとき…

その時のあなたは、きっと今よりももっと、自分のことを好きになっているはずです

ガルシアです。 心の方程式でお伝えしたいことは、 あなたの今の状態が、 「なぜそうなっているのか」 という理由としくみです。 理由としくみが分かったら、 世の中にあふれるノウハウやテクニックが、 「そもそもそんなことができるはずが無い」 「できる…

あなたが幸せを味わうのは、あなたが幸せになるためです

ガルシアです。 わたしたちは一度に一つのイメージしか 思い浮かべることができません。 たとえ交互に一瞬であったとしても、 同時に二つのイメージを 思い浮かべることはありません。 そして、わたしたちの感情は、 必ずイメージに対して湧いてきます。 私…

考えたくないことを考えないようにするためには

ガルシアです。 先日は月に一度の会員向けの、 ZOOM公開セッションでした。 今回もたくさんのご質問をいただきました。 みなさんありがとうございました。 健康のことや人間関係、 やろうとしてもなかなかできないこと、 お金に対する思い込み、 恋愛や反抗…

「美味しい」とか「マズい!」と思った時は「感情をコントロールしなきゃ!」なんて思わなかったくせに・・・

ガルシアです。 昨日こんな記事を書きました。 この内容にちょっと付け足しで書いてみます。 この中にも書きましたが、 わたしたちは五感で「感じた」感覚を、 良し悪しや善悪などで判断し、 そこに〇×をつけることは ほとんどありません。 いい匂い、嫌な臭…

なぜ不快さを感じた自分にダメ出しをしてしまうのか。なぜネガティブな感情を減らせない自分を責めてしまうのか。自己嫌悪はどこからやって来るのか

ガルシアです。 昨日の記事は内容的には、 本来は3回分くらいの分量なので、 分けようとも思ったのですが、 途中で切ってしまうと、 全体の流れが分かりづらくなってしまうので、 一気にまとめて書いてみました。 1日分としては長めになってしまいましたが…

人はなぜ嫉妬してしまうのか。嫉妬したときはどうすればいいのか。

ガルシアです。 先日クライアントの方から、 「人はなぜ嫉妬してしまうのでしょうか?」 という質問をいただきました。 具体的な悩みではなく、 「なぜそんな感情が起きてしまうのでしょうか」 という一般的な質問でしたので、 なぜ起きてしまうのか、という…

相手の感情を【直接】動かすことはできません

ガルシアです。 よくマーケティングなどでは、 「相手の感情を動かすことが大切だ」 と言われていますが、 じつは僕らは相手の感情を 【直接】動かすことはできません。 わたしたちにできるのは、 相手の感情を【間接的】に 動かすことだけです。 今日は短め…

あなたに好き嫌いがあるからこそ、あなたは幸せになれるのです。

ガルシアです。 感情をコントロールしたい、 と思っている人は多いと思います。 その「コントロールしたい」 と思っている【感情】とは、 たいていの場合、 本人にとって不愉快な感情です。 快適な感情をコントロールしたい、 という話はあまり聞きません。 …

美味しさに敏感になれば、好きな食べ物はちゃんと見つかる。幸せに敏感になれば、《なりたい自分》もちゃんと見つかる

あなたの好みが分からなければ、 行きたいお店は見つかりません。 だったら、 あなたの好みが分からなければ、 なりたい自分だって、 見つかるはずがありません。 好みの料理が分からないのは、 行きたいほどの美味しい料理を、 まだ食べていないからです。 …

なにかのノウハウやスキルで、あなたの感情が変えられるのなら、《あなただけの好み》なんて、どこにも無くなってしまいます

ガルシアです。 昨日の記事にも書きましたが、 ここでお伝えしていることは、 誰にでも当てはまる心のしくみ、 についてです。 どの記事も、 ぜひこれまでの知識やノウハウなどの 先入観というフィルターのない状態で ご自分の経験に照らし合わせて、 ゆっく…

今日から【令和】ですね。

ガルシアです。 今日から新しい元号【令和】ですね。 新年でもないのになんだかとっても 「明けましておめでとうございます」 な気分になってしまいます。 やはり喪中ではない、というだけで、 こんなにも日本中がおめでたい感じになるのなら、 もう次回から…

あなたには必ずあなただけの《憧れのあなた》があるはずです。

ガルシアです。 僕もセミナーでは使いますが、 顕在意識と潜在意識の関係は よく氷山に例えられます。 見えている部分が顕在意識で、 水面下の部分が潜在意識です、と。 圧倒的に潜在意識のほうが多いのですが、 僕の実感としては、 99:1くらいじゃない…

「強く思っているときには叶わないのに、諦めた瞬間にかなったりするのはなぜですか?」

ガルシアです。 先日こんな質問をいただきました。 変な質問で、恐縮ですが、 強い想いがある時はなぜか叶わないのに 諦めた瞬間、叶ったり、 『これをやるんだ!』と決めた瞬間、 逆にうまく行かなくなったりする場合が結構あるんですが、 ガルシア先生のお…

イメージは一瞬で切り替わります。あなたが意識する間もなく。

ガルシアです。 「イメージする」ということを もしかしたらみんな少し、 難しく考えすぎているのかもしれません。 いろんな本を読んだり、 セミナーに行ったりしたことで、 かえって「イメージする」ということが、 難しくなってしまっているのかもしれませ…

その感情はほんとうに《浄化しなければいけない》《感じてはいけない》のか

ガルシアです。 このブログでも何度か書いているように、 感情に良いも悪いもありません。 感情の種類は快と不快だけです。 ちなみに「どちらでもない」というのは、 そもそも感情が湧いていないので、 ここでは無視します。 嬉しい、楽しい、美味しい、 悲…

なぜわたしたちは、つい、現状をなんとかしようとしてしまうのか

ガルシアです。 昨日の記事の補足というか、 少し違う角度からも書いてみます。 昨日の記事と合わせてお読みください。 昨日の記事では、 どうなりたくないのか、ではなく どうなりたいのか、が大切だと書きました。 それでもわたしたちは、 つい現状を何と…

だって、そう感じてしまったものはしょうがない。

ガルシアです。 先日、こんなブログを書きました。 記事の冒頭でこんなことを書きました。 ワクワクで行こう♪では、 心の世界には、 正誤や善悪や良し悪しは無い、 とお伝えしています。 これは 「今まではそうだったかもしれませんが、 これからは良いか悪…

「自分の感情を否定してはいけない!」そうやって自分の感情を認められない自分を否定していませんか?

ガルシアです。 今のあなたがそう受け止めてしまったことに 良いも悪いもありません。 その瞬間、あなたはそう感じた、 それだけのことです。 自分が感じた感情をジャッジしない。 それは、なによりもそれが 今のあなたの受け止め方であり、 それが今のあな…

あなたの心の中には、あなたが気がつくまで、ずっと気づいてもらえなかった感覚が、まだまだたくさんある。

自分の心がいつ振れるのか、を大切にするのは、 自分の心の中にある感覚に気づくため。 今までだって、たしかにそこにあったのに、 あなたが気がつくまで、 ずっと気づいてもらえなかった感覚がある。 ↓↓↓ポチっとおねがいします♪↓↓↓ あなたの心の中には、 …

あなたを悩ませているのは、いつもあなたのイメージです。

ガルシアです。 日々のカウンセリングやコンサルティングの中で、 いろんな方のあらゆる悩みをお聞きします。 その内容は多岐にわたり、 身体のこと、病気のこと、事業のこと、 売り上げやマーケティング、広告や、 採用や人事のことや人間関係など。 これま…