ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

子どもの教育について

ルシアです。

最近は昔ほどのスパルタ教育も、

だいぶ影を潜めたようですが、

それでもまだまだ《厳しく育てたほうがいい》

という風潮は残っています。

でも、子どもが伸びる厳しさと、

萎縮してしまう厳しさは、

その種類がぜんぜん違います。

その違いについて短めですが、

ちょっと書いてみます。

 

f:id:wkwkdeikou:20180113061710j:plain

 

科学の観点から言えば、

わたしたちの脳は、ストレスが掛かると、

それを処理することに、

脳のメモリーを奪われてしまうので、

本来発揮したいことのパフォーマンスは

落ちてしまいます。

脳全体の処理能力は変わらないので、

ほかの作業に能力を奪われれば、

とうぜん、本来のチカラは発揮できなくなります。

 

どもにとって

精神的にストレスになるような厳しさでは、

結局子どもの能力は伸びません。

かといって、もちろん

甘えさせれば伸びる、

というわけでもありません。

 

だ厳しいだけの教育と、

愛情を込めた厳しさは違います。

子どもだってそれくらい分かります。

子どもに媚びるのではなく、

甘えさせるのでもなく、

ただ楽しく、でもなく、

でも、ちゃんと楽しませる。

愛情という名の独りよがりや自己満足でもなく。

 

見厳しいと思われるような努力の中に

いかに子どもたちに、充実感ややりがいを感じさせるか。

脳が萎縮するようなストレスを与えることと、

筋肉が成長するように、負荷を掛けることとは

ぜんぜん別のことなのです。

◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

◇1/13(土)大阪1Dayセミナー◇

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter