ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

そのときすでにイメージはあなたの潜在意識に届けられている。

ルシアです。

このブログでなんども書いているように、

感情には《快》と《不快》があるだけです。

「美味しい!」と思ったり、

「マズい・・・」と感じたり。

「楽しい♪」と思ったり、

「つまらない・・」と感じたり。

つまり、あなたの感情は

「ずっと感じていたい」と思うような感情と、

「ずっと感じていたくない」と思うような感情の

二種類しかありません。

時々、「では、どちらでもない、が3つめですか?」

と聞かれることがありますが、

どちらでもない、ということは

つまりそれは、感情が動いていない、ということです。

 

べ物なら簡単に分かるのに、

食べ物以外だと、つい、自分の感情を

《良し悪し》で考えてしまいます。

ネガティブ=悪い感情

ポジティブ=良い感情、と。

でも、感情に良し悪しや善悪はありません。

そこにあるのは《快》か《不快》か、

という違いだけなのです。

だから、

「感じてはいけない感情」なんてないのです。

 

f:id:wkwkdeikou:20171212052549j:plain

 

もそも、感情とはとっさに湧いてくるものです。

事前に用意しておくことも選ぶこともできません。

ただ「そう感じてしまった」ということです。

それをあとからジャッジして、

「これはいい」とか「これはよくない」とか、

快か不快かでしか無い感情を、

ついつい良し悪しや善悪で考えてしまうのです。

そうやって、感じた感覚を、左脳でジャッジして、

分類しようとするのです。

 

なたがたとえどんなに、左脳で

良い感情、悪い感情、

抑えなければいけない感情、

変えなければいけない感情、

と判断したところで、

はじめにその感情が湧いてきた、

という事実は変えられません。

そして、潜在意識は

あなたの感情がともなったイメージを受取ります。 

 

から、潜在意識に入るイメージは、

あなたの感情が湧いたときに、

すでに潜在意識に届けられています。

つまり、

届けられるか、届けられないか、は

良し悪しや善悪ではなく、

感情の針が振れたか振れないか、

で決まるのです。

 

いうことは、あなたがどんなに左脳で、

感情の良し悪しや善悪を考え、

それを左脳でなんとかしようとしたとしても、

潜在意識に入るイメージは、

あなたの快、不快、のみで決められ、

それは、すでに潜在意識に届けられている、

ということなのです。

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 
◇年間スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter