ワクワクで行こう♪~心の方程式~

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

12/9(土)~うれし楽しスペシャルコラボ企画~年越の大祓祭

ルシアです。

もうすっかり恒例になりましたが、

今年の年末も、矢加部先生をお迎えして、

12月9日(土)に年越しの大祓祭を開催いたします。 

※矢加部先生のブログはこちら

ことほぎの光(神ながら意識)~よもやまブログ~

今日はちょっと長くなってしまいました・・・

 

祓は6月末の夏越の大祓と、

12月末、大晦日の年越しの大祓と年に2回行われます。

半年のあいだに、知らず知らずのあいだに溜まった穢れを払い、

スッキリとした気持ちで、残りの半年や新年を迎えます。

汚れたり穢れたりすることが悪いことなのではなく、

ふだんの生活をしているだけで、

《自然と汚れてしまう》と、神道では考えます。

掃除をしないと部屋が汚れてしまうのと同じです。

それは自然な現象なのです。

大切なことは、汚さないことではなく、

定期的に綺麗にすること。

それを心がけることが、大切なのです。

部屋の掃除は年に2回だとちょっと少なすぎますが・・・

 

f:id:wkwkdeikou:20160519033726j:plain

 

界中どこで生まれても、

それぞれの国や地域の文化や歴史が、

その人のアイデンティティーに多大な影響を与えていることは

言うまでもありません。

日本で生まれた、というだけで、

知らず知らずのうちに、

わたしたちの心の一番深い部分に、

いつのまにか横たわっているものがあります。

それがなにか分からない、ハッキリしない、

ということは、自分の事もよく分からない、ということなのです。

 

本人として生まれたから神道、というわけではなく、

わたしたち人間の《心のしくみ》そのものが、

日本ではたまたま《古神道》という形で残されています。

いにしえの人々の心が、古神道のしくみの中に隠されているのです。

心のしくみが目に見える形で残っている、

と言っても過言ではありません。

 

ぜこの日本にだけ、

個人が作り出した人工的な《宗教》ではなく、

誰が作ったのかわからない、

いつの間にかできた、

どんな外来の宗教の影響も柔軟に受け入れて、

それでいて、どの外来の宗教にも滅ぼされることのなかった

神道》という習慣や風習が、

いまだに残っているのか。

もちろん世界にはアニミズムシャーマニズム

残っている地域がまだまだたくさんあります。

でも、その考えがひとつの国家を成している国は

世界中どこを見ても、

日本以外には見当たりません。

 

f:id:wkwkdeikou:20170607061948j:plain

 

から、古神道の中には縄文や弥生の人たちの

アイデンティティーの息吹が残り、

それがそのまま現代に息づいています。

なぜ古神道は2000年以上の長きにわたり、

現代まで生き残ることができたのか。

 

なたがあなたとして今日、生きている、

その心の中に、

間違いなく、いにしえの人たちの思いが、

そのまま流れていることを、

《心の方程式》と古神道の共通点から、

分かりやすく解説してみたいと思います。

 

と、難しい話は抜きにして、

身も心もスッキリできて、

とても楽しい時間になると思います。

ちょっと早いですが、さっぱりと新年を迎えるためにも、

ぜひお越しください♪

 

祓というものを、ぜひみなさんに

体験していただきたいのはもちろんですが、

僕がお話しするパートでは主に以下の事についてお話します。

・なぜ「ワクワクで行こう♪」で大祓をやるのか。

・潜在意識と古神道はどう関係があるのか。

・あなたのセルフイメージの根幹になにが横たわっているのか。

・あなたも気が付いていない、あなたの中の思い込みとは。

・誰に教わったわけでもないのにあなた自身の中にある「感覚」について

 

ういった「そう言われたら、そうかも・・・」なお話を中心に、

あなたの知らない、あなたの一番深いところにあるものについてお話します。

なぜ自分の事がよく分からないのか。

それは、自分の一番深いところにあるものが

なんなのかが分からないからです。

それが分からなければ、自分が何者なのかは

いつまでたっても分からないままです。

あなたがあなたを知るために一番深くて大切なことと、

あなたのアイデンティティーの根幹にかかわる

とても大切なことを、シンプルに分かりやすくお伝えします。

 

 

f:id:wkwkdeikou:20160607032539j:plain

 

なさんご存知のように、

神道には教祖も経典も教団も信者も、

戒律も魂の救済もありません。

神道は《宗教》という概念の要件を

なにひとつ満たしてはいません。

さまざまな要因はあるとは思いますが、

《宗教》では無かった、ということが、

外部からの《宗教》に滅ぼされなかった、

大きな原因のひとつではないかと思っています。

 

た、神道には天国も極楽も地獄もありません。

つまり、善悪という概念が無いのです。

生者と死者を分けるのは、

《この世》と《あの世》だけです。

こっち側とあちら側。

そこにただ《ある》だけです。

雨が降ったり、日が照ったり、

作物が実ったり、子どもが生まれたり。

いろんな《状態》つまり《はたらき》がただそこにあるだけ。

この《はたらき》に古代の人は《かみさま》を感じたのだと思います。

 

ちろんそれはただの《はたらき》ですから、

そこに《正しい》とか《間違っている》などという

ジャッジはありません。

ただ、そういう作用がある、というだけです。

悪いことをすると神さまの罰が当たる、

という概念は、おそらく仏教伝来以降だと思われます。

 

f:id:wkwkdeikou:20170620041429j:plain

 

たしたちがどうすれば、

快適に幸せに生きていけるのか。

おそらく縄文や弥生の人たちは、

いろんなものに感謝して、

《おかげさま》と《お互い様》で暮らしていけば、

争いもなく、穏やかでいられるのだと、

考えたに違いありません。

 

れたものや穢れたものを《悪》とするのではなく、

綺麗にしておくことにさえ注力していれば、

いつも快適でいられることを知っていたのでしょう。

自分たちがどうすれば不幸ではなくなるのか、ではなく、

どうすれば快適で幸せに暮らせるのか。

どうすれば罰を受けずに済むのか、ではなく

どうすれば豊かな恵みが与えられるのか。

それは、悪を見つけ、敵を退治することではなく、

美しいものを大切にし、

いつも綺麗でいるようにしていれば、

おのずと快適に暮らせることを、

いにしえの人たちは、

感覚的に自然と知っていたのだと思います。

 

f:id:wkwkdeikou:20170620041434j:plain

 

に染まらないために、善に注力する、

という方法は、いっけん正しいように思えますが、

善に注力するためには、

「なにが悪で、なにが善なのか」

という《善悪をジャッジする》能力が

必ず必要になってきます。

良いか悪いか、正しいか間違っているか、

という対立の論理で生きていくからこそ、

赦すことが必要になってくるのです。

正誤や善悪が無ければ、

許すことも赦すことも必要なくなるのです。

 

みなさんのご参加をお待ちしています。

お申込はこちら(真ん中あたりにあります)

開催予定-潜在意識は大切に ワクワクで行こう

会場までの道順はこちらのブログを参考にしてください。

◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

◇12/9(土)~うれし楽しスペシャルコラボ企画~年越の大祓祭◇

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 
◇年間スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter