ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

どうやって僕らは洗脳されてしまうのか。

ルシアです。

ぼくらは自分がイメージしたものや、

自分の思考を疑わない、

という習性があります。

洗脳はその習性を使って行われます。

これだけだと、どういうことか

ちょっと分かりにくいので、

そのことについて書いてみました。

 

・人は自分がイメージしたものを疑わない。

なたがなにかを見たり聞いたり読んだりして、

それについてなにかをイメージしたとします。

「ああ、きっとこれはこういうことなんだろうなぁ」と。

人はその時に、自分がイメージしたものについて、

ほんとうにそのイメージで、

合っているのかどうかを疑いません。

「あれ?俺、今こんなイメージしたけど大丈夫?」

なんて思わないのです。

自分がイメージしたものについて、

そういうものを連想するのは、

極めて正常な、当たり前のことだ、と。

もちろん、そんな自覚すらありません。

 

・人は自分の思考を疑わない

「ああ、これはきっとこういうことなんだろうな」

と、自分で考えたことに対して、

疑ってみようとはしません。

人に何かを言われて、カチンときた。

「あれ?俺、今カチンと来たけど、ほんとうにそうなのかな」

なんて思いません。

 

f:id:wkwkdeikou:20171121050106j:plain

 

は自分でイメージしたことや、

考えたこと、思考、受け止め方を疑いません。

だとすれば、あなたのそのイメージが、

もしも誰かに洗脳されたものだとしたら、

あなたはそれを疑うことなく、

自分の思考だと思ってしまうわけです。

 

まり、洗脳とは、

イメージの主導権を他人に握られてしまうことです。

人は自分でイメージしたことを疑わない。

誰だって、自分で自主的にイメージしている、と思っています。

でも、そのイメージが誰かに植えつけられたものだとしたら、

それを疑わずに鵜呑みにしてしまうことで、

いつのまにか、考えるチカラを奪われている場合があります。

日ごろ、なにげなく生活していたら、

自分が洗脳されていることに気がつくことは

ほとんど不可能です。

 

なたがイメージしているものに、

ほんとうに不合理な点や、矛盾することは無いのか。

なにか生理的に抵抗感があったとき、

なぜそれをそんなにも拒絶してしまうのか。

そんなにも感情的になってしまう理由を、

論理的に説明できるかどうか。

あなたが思いもよらない意外な場所に、

洗脳は隠れています。

自分のイメージにおかしなところは無いか、

なぜ抵抗感を感じるのか、

それは理屈で考えたら、変ではないのか。

まずは、それを疑ってみることが大切です。

 

脳されている人が、ほかの人の話を聞かないのは、

冷静に話が聞けないように、

生理的に拒絶するような《心のしくみ》になっているから。

自分の思考やイメージが正しい、

という思想が強固に洗脳されていたら、

それ以外の説はすべて聞くまでもなく、

間違っている、ということになります。

そうなってしまったら、

もう新しい情報を、柔軟に受け入れることなど、

出来なくなってしまいます。

 

ごろは冷静な人が、

特定の話題になった時に、

妙にヒステリックになったら、

そこの部分において、洗脳されている可能性が高いです。

ロジックではなく、あなたの感情に訴えようとしているものは、

あなたのイメージを知らず知らずのうちに洗脳していくのです。 

◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 
◇年間スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter