ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

反抗期はとても大切な、《大人になるための通過儀礼》です。

ルシアです。

反抗期はとても大切な、

《大人になるための通過儀礼》です。

昔で言えば元服ですね。

子どもから大人になる、とは、

守られる立場から守る立場へ、

養われる立場から、養う立場へ、

獲物をもらう立場から、

獲物を獲ってくる立場へ変わる、

ということです。

短めですが、少し書いてみます。

 

抗期、とは大人になろうとする期間です。

大人になる、とは子どもではなくなる、

つまり親から守ってもらう側の立場ではなく、

親を守る側の立場になる、ということです。

反抗期とは、そういう立場へ移行するための通過儀礼です。

自分を一人前の大人として、

養う側の、守る側の立場の人間として

親に認めさせるための儀式です。

 

f:id:wkwkdeikou:20171007051309j:plain

 

に反抗するのは、認めて欲しいからです。

一人の大人として認められたい、

もう子ども扱いしないで欲しい、

だから【こども】として扱われたり、

いちいち口を出されることにムカついてしまうのです。

そういう欲求のあらわれです。

一人前の大人として認めてもらわなければ、

養う立場へ移行することができないからです。

【養われる側から子ども扱いされている《養う人》】

なんてありえないのです。

だからわたしたちは、

「認めてもらう価値もない」と判断した相手に対しては

反抗心は起きません。

 

「どうすれば自分の欲求が満たされるのか」

「どうすれば一人前だと認めてもらえるのか」

そういう不満を抱えながらも、

そうはいってもまだまだ子どもなので、

どうすれば認めてもらえるのか、なんて分かりません。

それが分からないから余計にイライラしてつい反抗してしまう。

それでもなお子ども扱いされるから反抗してしまう。

そういうことです。

だから、どうでもいい相手に対しては反抗心は起きません。

それは大人になっても同じですね。

◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

◇東京DX第10期 11月18日より開催◇

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 
◇年間スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter