ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

【フィンランドが世界一になったわけ】

ルシアです。

フィンランドの学力は世界トップレベルだそうです。

宿題が無い、授業時間が短い。

それでも子どもたちは数ヶ国語を話し、

学校は全国どこでも同じレベルだから、

受験戦争とも無縁。

どの学校に通っても同じ。

人間の脳の発達を考えたら、

これほど脳の発達にピッタリ合った教育方法は無いと思います。

 

f:id:wkwkdeikou:20170814030128j:plain

 

国どの学校に通っても同じレベルだから、

私学はほとんどありません。

お金持ちの家庭の子どもも、

貧困家庭の子どもも同じ学校に通います。

・人の脳はどんな刺激で発達するのか。

・どうやって他人への思いやりを育むのか。

・尊厳や豊かな感情はいつなにによって育つのか。

その他、

人が【幸せ】になるためには【なにが必要なのか】

という点を徹底的に重視し、

綺麗ごとではなく、

ほんとうにそんな教育を実現しているとすれば、

これほど素晴らしい教育は無いと思います。

 

学のためでも就職のためでもなく、

子どもたちが【幸せ】になるための教育。

それでいて、なおかつ学力が世界トップレベル。

いや、生徒の幸せを第一に考え、

感受性を育むことを第一にしたからこそ、

学力が世界トップレベルになったのだと思います。

 

宿題が無い、授業時間が短いからといって、

これはいわゆる【ゆとり教育】とは

まったく違います。

そもそもの目的がぜんぜん違う。

ぜひ見て欲しい動画です。

 

フィンランドが世界一になったわけ】

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 

◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

◇8月26日 東京1Dayセミナー◇

◇東京DX第10期は11月4日より開催◇

◇年間スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter