ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

今日も質問にお答えしてみました。

ルシアです。

一昨日から、やらなきゃ!(MUST)は存在しない、

ということについて、

いただいた質問の回答をブログにしていますが、

まだの方はぜひ昨日と一昨日のブログも読んでみてください。

ここ3日間のブログが、それぞれお互いを補完しています。

 

今までmustだと思っていたwantsに気が付いたとき、

そのwants自体が変わってしまう、ということは有りますか?

もしくは、mustが外れたから、

自分のwantsが変わっていたことに気が付くことも有るのでしょうか?

それともwantsの変容は、mustの概念には無関係のものなのでしょうか?

wants(判断基準・好み)が変わったからmustが外れたのでしょうか?

それともmustが外れたからwantsの変容に気が付いたのでしょうか?

それとも両者は全く無関係のものでしょうか? 

 

れまでは「やらなきゃ!」と思っていたけれど、

よくよく考えたら、やらなきゃいけないわけでもなんでも無かった。

というか、やらなきゃいけない理由なんて、

最初からなにも無かった。

どちらの自分になりたいのか、を

自分で選択してきただけだった。

簡単に言えば、これがすべての原則です。

 

から、これまでMUSTだと思っていたことが、

じつはWANTSだった、ということではありません。

昨日も書いたように、MUSTは行動(DO)に、

そしてWANTSはなりたい自分(BE)に掛かっています。

これまでMUSTだと思っていた《やること》の向こう側に、

なりたい自分(WANTS)が隠れている、

ということです。

 

f:id:wkwkdeikou:20170713030604j:plain

 

MUSTが外れた事で、WANTSが変わる、

あるいは、MUSTが外れたから、WANTSの変化に気がつく。

そんなことがあるか、無いか、と問われたら、

もちろんどちらも起こり得ます。

でもそれは、MUSTが外れたからこそ起こった、であって、

MUSTが無くならなければ、

そもそもそんな事には気づかなかったのです。

時間的には、そういったことは、

MUSTが無くなったあとに起きた、二次的な変化、作用です。

そして、もちろんそれはMUSTが無くなったから起きたわけではありません。

 

MUSTが無くなったことで、

これまで無自覚だった自分のWANTSに気がつき、

そこで初めてMUSTの先に《なりたい自分》

がいることに気付く。

そういった状況になって、

あらためて、そんなにその自分になりたいかを問われたら、

じつはそうでもなかった、ということはよくあります。

それは、MUSTが無くならなければ、起きなかった。

そう言ってしまえば、言えなくもありませんが、

だからといって、無くなったから起きた、

と言い切れるものでもありません。

 

なみに、

WANTS(判断基準・好み)が変わったからMUSTが外れた、

といった場合は、これとは違います。

好みが変わったことで、MUSTが無くなった、とは、

例えばピアノに興味が無くなったので、 練習しなきゃ、が無くなった。

といったような場合です。

結論だけ言えば、両者はまったく無関係です。 

 

※↑↑↑ポチっとおねがいします♪

 
◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

7/29(土)◇コミュニケーションが変わる!男女別セミナー応用編!◇

   ・知らなきゃダメでしょ!!男性限定セミナー♪

   ・知っててよかった♪女性限定セミナー

◇東京DX第10期は11月4日より開催◇

◇年間スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

・あなたの心はどういうしくみになっているのか。
・なぜ悩みが発生してしまうのか。
・なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。
悩みが解決するのではなく、悩みが無くなってしまう。
http://www.reservestock.jp/reserve_form/157
※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

FaceBookページ

ワクワクで行こう♪ - YouTube

ワクワクで行こう♪【公式】 (@wkwk569) | Twitter