読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

「やらなければいけない」=MUSTが無くなっても、やりたくなるわけではありません。

ルシアです。

今日は誤解されやすい、MUSTとWANTSの

位置関係について書いてみました。 

初めての方はこちらをどうぞ。

USTとWANTSの関係で、

一番誤解されやすいのは、

その位置関係です。

MUSTは「やらなきゃ!」という言い方に代表されるように、

《行動》に対して使われる言葉です。

対してWANTSは《なりたい自分》に対して使われる言葉です。

もちろん「~~したい」という、

行動に対してWANTSが掛かる場合もありますが、

その場合は、やりたくてやっているので、

《行動》はMUSTにはなりません。

 

とえあなたがどんな判断をしたとしても、

結局は《なりたい自分》へ向かうほうを選んでいる、

という意味で、

その自分にならなければいけないわけではないので、

その行動は「やらなきゃ!」=MUSTでは無いのです。

f:id:wkwkdeikou:20170316062754j:plain

 

からMUSTがたとえ外れたとしても、

その行動を《やりたく》はなりません。

それはなりたい自分に向かうための、

ただの予定に過ぎないからです。

「起きなきゃ!」は別に起きなくてもいいのですが、

そうすると、会社に遅刻する。

遅刻しても別にいいのですが、

そうすると不愉快な思いをしてしまう。

不利益を被ってしまう。

いろんな理由はありますが、

いずれにせよ「間に合う自分」になりたい、

というところにWANTSがあるので、

そこへ向かう自分を選択しているだけなのです。

 

「なりたい自分に向かっているだけで、

べつに『やらなきゃいけない』というわけではない」

ということに気が付いた瞬間が、

あなたのMUSTがはずれた瞬間です。

だからたとえMUSTでは無くなったとしても、

「起きたくなる」わけではありません。

「じゃあ、起きようか」と思うだけです。

「出かけなきゃ」→「出かけよう」

「やらなきゃ!」→「やろう」

「返事しなきゃ!」→「返事しよう」

という予定になるだけなのです。

 

こを間違えてしまうと、

「MUSTが無くなっても、やる気になれません」

ということになってしまいます。

MUSTが無くなると、

自分の選択で人生を選んでいる実感が増すので、

以前よりもプレッシャーがなくなり、

人生の自由度は増しますが、

《行動》そのものがやりたくなるわけでは無いのです。

 

ーメン屋に行きたくてたまらないだけで、

歩くことに対してやる気やモチベーションがアップするわけではありません。

歩いているときに「早く着かないかなぁ」と、

《なりたい自分》をイメージすることはありますが、

歩くことそのものにモチベーションがあるわけでは無いのです。

こちらの記事も参考にしてください。

 

 
◇今後のセミナー予定◇《各日程のお申込はこちら》

◇3月18日 東京1Dayセミナー

◇3月25日 大阪1Dayセミナー

◇4月8日 男女限定セミナー~応用編~(渋谷)

◇4月29日 東京1Dayセミナー

◇5月13日 大阪1Dayセミナー

◇5月25日 東京エグゼクティブコース(10名限定、経営者の方が対象です)
(残席5名です。お席の確保はお早めに)

詳細、お申込:EXコースのご案内 ワクワクで行こう♪

◇大阪DX第3期は5月27日より開催◇

詳細、お申込:DXコースのご案内 ワクワクで行こう♪

◇東京DX第10期は11月4日より開催◇

◇2017年セミナー開催スケジュールはこちら◇

~カウンセリングのご案内~

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

なぜ悩みが発生してしまうのか。

なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

※現在は募集を停止しています。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

ポチッと応援よろしく願いします!

◇動画で見る◇

◇毎日配信しています♪◇