ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

まず止血!なんで怪我をしたのかを考えるのはそのあと!

ルシアです。

今日は問題を解決するときの考え方の違いと、

その違いから来る結果の違いについて、

ふたつの考え方を比較して書いてみました。

初めての方はこちらをどうぞ。

常生活のなかで問題が起き、

それを解決しようとするときには、

2つの考え方をする人に分かれます。

ひとつは、どうすれば解決するのか、を考える人。

これは現状を未来に向かって進めようとする人。

もうひとつは、

なぜそうなったのか、そもそもなぜそんな事が起きてしまったのか

という、原因を解明しようとする人。

これと似たような現象で、

ふたつの視点の違いから来る結果の違いについては、

以前こちらの記事で書きましたが、

今日はそれとは少し違う角度からの話をしてみます。

者の人も後者の人もじつはどちらも、

「なぜその問題が起きてしまったのか」と、

「どうすればそれが起きなくなるのか」を考えています。

そして一生懸命、現状に対処しているのですが、

このふたつは着眼点がまったく違います。

前者が「なぜ起きてしまったのか」を考えているのは、

どうすればそれが今すぐ起きなくなるのか、を考えるため。

後者が「なぜ起きてしまったのか」を考えているのは、

まさに文字通り「なぜ起きてしまったのか」という原因や理由を解明し、

二度と起きないようにするためです。

これだけでは分かりにくいので、

あとで具体的な例で比較してみます。

 

ジネスや日常生活において、

そのどちらが優先なのかは、そのときの状況によって変わります。

必ずどちらが優先だと、決まっているわけではありません。

ということは、つまり「今はどちらを考えている場合なのか」

という判断力を養う必要があるということです。

その判断を間違えてしまうと、

かなり取り返しの付かないことになってしまいます。

 

我をして血が流れているのに、

「なぜ怪我をしたんだろう・・」なんて、

怪我をした理由や原因を一生懸命考えていたりしたら、

血はどんどん流れてしまいます。それじゃ死んでしまいます。

まずは止血です。

どう考えても、優先順位は止血です。

前者の方と後者の方の考え方の違いを、

同じ書き方で比較してみます。

f:id:wkwkdeikou:20170209043253j:plain

 

の場合の前者の人が考える、

「なぜその問題が起きてしまったのか」に当たるのは、

なぜ血が流れてしまったのか、であり、

その答えは「傷口が開いているから」です。

だから、「どうすればそれが起きなくなるのか」というのは、

ここでは「どうすれば血が流れなくなるのか」に当たります。

だからすぐに止血をしようとします。

 

者の人たちの

「なぜその問題が起きてしまったのか」に当たるのは、

なぜ怪我をしてしまったのか、であり、

その答えは「転んでしまったから」です。

だから、「どうすればそれが起きなくなるのか」というのは、

ここでは「どうすれば二度と転ばないようになれるか」に当たります。

だから転んだ原因と理由を考えるのです。

 

常生活やビジネスにおいては、

どちらも必須の考え方ですが、

大切なのは、今はどちらが優先するのか、

という判断力です。

止血、というのも大事な解決方法ですが、

なぜ起きてしまったのか、という理由を考えるのもまた、

とても大切なことだと思います。

 

年ほど前から医療関係の方と知り合う機会が増え、

このことについて、カウンセラーの世界だけではなく、

医療の現場でも同じようなことが起きていると痛感しました。

なぜその症状が出ているのか、という事に対して、

その症状が出ている原因を追究しているつもりでも、

医療の現場では、対症療法だけに留まっている場合がほとんどでした。

体内のさまざまなホルモンや細胞やウイルスが、

さまざまな働きをしてその症状を引き起こしている。

だからその細胞やウイルスの働きを止めてしまえば症状は出なくなる。

 

んな解決方法で、

「なぜ起きているのか」の原因を究明したつもりになっている。

「〇〇という物質が〇〇という状態を引き起こしていることが分かりました」的な。

それでは原因を究明したことにはならないと思います。

そもそもなぜその物質が異常に増えたり、異常な働きをしているのか。

その状態になってしまった理由と原因が必ずあるはずなのです。

「これは〇〇の異常です」では思考停止だと思っています。

正常な人はなぜそんな状態にならないのか。

そこにこそ答えがあると思っています。

 

ぜやる気が出ないのかを考えているうちに、

時として止血するタイミングを逃してしまいます。

まずやってみる。

でもそれだけでは長続きしないので、

次にやる気が出る方法を自分で考えたり、習いに行ったりします。

ほとんどの場合、みんなここまでです。

でも、そもそもなぜやる気が出ないのか。

そこはやる気を出さなければいけないような場面なのか。

やる気が出ないような状態になっていることが、

本来は自然なんじゃないか。

 

ずそこには、ちゃんとやる気が出ない理由があるのです。

出ないことが自然な状態なのです。

ただ、そこを無理に出そうとしているだけなんじゃないのか。

その人がやる気になっている時と、

やる気になっていない時は、いったいどこがどう違うのか。

無理にがんばって出さなくても、

ちゃんとやる気が出ている時は、どんな条件が整っているのか。

その条件さえ、ちゃんと整えてあげれば、

「やる気を出す方法」「やる気が出るやり方」

なんてそもそも必要ないんじゃないか。

そういうことが、そもそもの原因と理由を考える、

ということだと思っています。

あー、文章だと違いがうまく伝わらなくて、もどかしい・・・

 

 
 ◇今後のセミナー予定◇開催概要はこちら

◇1月29日 大阪MBM(ミラクルボディーメイキング)全4回◇満員御礼!開催中♪

◇2月11日 男女セミナー(東京)(他社主催です。詳細は下記リンク先をご確認ください)

詳細:2/11(土)コミュニケーションが変わる!男女セミナー申込みフォーム

◇2月25日 東京1Dayセミナー◇

詳細:開催予定-潜在意識は大切に ワクワクで行こう

◇2月26日 女性限定セミナー(他社主催です。詳細は下記リンク先をご確認ください)

詳細:婚活セミナー:男性女性コミュニケーション編

◇3月11日 男性限定セミナー、女性限定セミナー(大阪)◇

詳細:開催予定-潜在意識は大切に ワクワクで行こう

◇東京エグゼクティブコース(10名限定)◇

(サイトは制作途中ですが、お席の確保はお早めに)

詳細:EXコースのご案内 ワクワクで行こう♪

◇大阪DX第3期は5月下旬開催予定◇

◇東京DX第10期は2017年秋開催予定◇

~カウンセリングのご案内~

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

なぜ悩みが発生してしまうのか。

なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

※少しだけ枠をご用意しました。次の予定は未定です。

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

ポチッと応援よろしく願いします!

◇動画で見る◇

◇毎日配信しています♪◇