読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

㊵今までのあなたのイメージのやり方は根本的に間違っていたかもしれません。

|―イメージについて 憧れの自分 未来の自分

ルシアです。

最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。

たしたちは日頃、なにか嫌なことを思い出す時には、

ついつい自分の視点で、その出来事を思い出してしまいます。

もちろん、自分自身が体験したことですから、

そのときの感覚で思い出すのは当たり前のことなのですが。。

会社で部長に怒られたときには、

目の前に怒っている部長の顔が出てきて、

まさに、怒られている自分を再体験してしまいます。

そうすると、また怒られたときの嫌な気分がまたよみがえってしまいます。

 

して、セミナーや本などで、

「なりたい自分をイメージしましょう」と言われたときには、

自分が友人に囲まれて祝福されている場面を思い浮かべたりします。

欲しい車をイメージするときには、その車が走っているところを。

でもそれでは、前回も書いたように、

「そうなっているあなたを見ている誰かの目線」なのです。

じつは、これではあまりリアリティーを感じることはできません。

だから、感情もあまり湧いてきません。

f:id:wkwkdeikou:20161019055913j:plain

「あなたは人生と言う本の主人公なのです」

「あなたは映画の主人公です」

「TVドラマの主役なのです」

と言われたときに、あなたがイメージしてきたのは、

もしかしたら、

誰かが本を読んでいるところ、

TV画面、あるいは映画館のスクリーン。

でも、それでは、その本を読んでいる読者、

スクリーンを見ている観客、

TVを見ている視聴者の視点になってしまうのです。

そうではなく、主人公、主役、とは

目の前にカメラがあり、いくつもの照明があなたを照らし、

回りにはスタッフや共演者や監督やスタイリストさんなどなど、

大勢の人があなたを見ている。

そういう状態のことを言うのです。

 

うまでもありませんが、

他人の視点でいくら未来の自分をイメージしても、

その自分に近づくことはありません。

そんなイメージは潜在意識に入らないし、

仮に入ったとしても、

「祝福されている人を見ている人」なら、

今となにも変わらないのです。

そして、どちらのイメージが、

より感情が湧いてくるか、と言ったら、

前者の「怒られているとき」のイメージのやり方のほうが、

断然、感情が湧いてくるはずです。

 

まり僕らは日頃、ついつい

潜在意識に入れたくないイメージを

【とても感情が湧いてくるやり方】でイメージし、

潜在意識に入って欲しいイメージを、

【感情も湧いてこないし、イメージも間違っているやり方】

でイメージしてしまい、

わざわざ逆にしている、という、

とてももったいないことをしているのです。

 

っかり嫌なことを思い出してしまったら、

ぜひ、そこから5メートルくらい離れたところにいる人の目線で、

その場面を思い出してください。

あまり離れすぎると、部長もあなたも見えなくなってしまいますので・・・

そして【なりたい自分】や夢は、ぜひ、自分自身の視点で、

「もしも、そうなったとしたらどんな感じがするのか」

と、あなた自身の感覚でイメージしてみて下さい。

あなたの心がザワザワしたら、

そのイメージ、ちゃんと入っています。

 

 

~カウンセリングのご案内~

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

なぜ悩みが発生してしまうのか。

なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

たまにしか空いていませんが、

スケジュールが合えばぜひどうぞ。

※現在は新規のお申込は停止しています。再開までしばらくお待ちください。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

ポチッと応援よろしく願いします

◇動画で見る◇

◇毎日配信しています♪◇