ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

デートに遅刻したのは部長のせいなんかじゃ無い!

f:id:wkwkdeikou:20160307235846j:plain


先日のあなたが悩んでしまう理由のすべて。
http://ameblo.jp/wkwkdeikou/entry-12039370136.html
とう記事で「あなたが善し悪しで選んでいることが悩みを生みだしている」と書きました。

今日は続きというかちょっと補足説明です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私たちの不安はどこから来るのか。

わたしたちが何かを選ぶときに「どちらが正しいのか」を脳に質問すると、

より【正しい】と思われる答えや、それが正解だと思われる理由や材料を脳は自動的に探しにいきます。

それは「間違えて嫌な思いをしたくないから」です。

でもそうすると必ず

「自分の選んだ答えは正しかったのだろうか。」

「自分の選んだ答えは間違っていなかったのか。」

という不安が生じてしまいます。

だからこそその不安を解消するために「自分の選んだ答えは正しかったんだ」と証明する必要が生じてしまいます。

でもたとえどんな証拠をあなたが探しだしたとしても、

それが自分の出した答えが正解だったと証明してくれる、

絶対的な確信のもてる証拠など見つかるはずもなく、

なにかを選ぶたびにあなたは自分を正当化しなければいけなくなってしまいます。

正しいか正しくないか、という基準で物事を考える限り、このループからは抜けられないのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

でもわたしたちが何かを選ぶときにまったく【悩まない】こともあるわけです。

ぜんぜん悩まずにサクッと選べる。

しかもそれを選んだ自分を正当化しようとも思わない。

そんな時は必ずあなたの【好み】がハッキリしている時、のはずです。

つまりここで大切なことは

「何について悩んでいるのか」

「正しい答えはどうやって選べばいいのか」

「どうすれば自分を正当化せずに済むのか」といった対処療法では無く、

「そもそもなぜ悩んでしまうのか」なのです。


就職も結婚も日常のほんの些細な決定もすべてあなたの好みがハッキリしていたら、

あなたの人生から悩むことは無くなるなずなのです。

どうなりたいのか。

どちらの自分になりたがっているのか。

どちらの自分が好きなのか。

どちらの自分に憧れているのか。

これが分からないから悩んでしまうのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会社に行く自分と遅刻する自分、どちらの自分になりたいのか。

部長からの残業を引き受けて彼女のデートに遅れるのか、

残業を途中で切り上げて彼女とのデートの時間を守るのか。

それはやらなければいけないとかそうするべきだ、という問題ではなく、

どちらの自分になりたいのか、あこがれの人生をあなたが送るとしたらどちらの自分を選びたいのか。

そういったあなたの好みであなたの人生のすべての選択が選べるはずなのです。

間違っても「デートに遅れたのは部長のせい」なんかじゃ無いのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたが日常で悩んでいることのうち、

「単純に好みの問題では無い」(と感じていること)もたくさんあるのは重々承知の上でお話しています。

「好みで決められるような問題ならそもそも悩んでない」

「自分の好みで選べるようなことじゃないんだよ!」

あなたがそう感じる状況が多いことも分かっています。

それでもやはりすべては【あなたの好みの問題】なのです。

表面的な単純な話はなく、もっと深く考えてみたら必ずそうなるはずです。

もしもその選択の先の自分になれるとしたら、

そのどちらがより素敵な自分なのか。

あなたが憧れてしまうような自分ならどちらを選択するのか。

あなたの生き方の好みさえハッキリしていれば、

必ずどちらかがたとえほんのわずかな差でも「あなたの好み」であるはずなのです。


わ~~~~い!やっとたどり着いた(T_T)

一回書いたやつが全部消えてもっかい白紙からやり直しちゃったよ。。。

最初の消えたやつのほうがもうちょっと感じが良かった気がする。。。(+_+)

☆次回の東京1Dayは7/26(日)です。

いつも1Dayではお話して懇親会という流れになってしまうので、

次回1Dayは2部構成にしようと思っています。

第1部では最近の基本になっているセルフイメージの話ももちろんしますが、

ふだんの生活では実際にどういうときに「セルフイメージが変わっている」のかを分かりやすくお話します。

「セルフイメージを変える」「セルフイメージが変わる」というのは、

なにも特別にセミナーなどで学ばないと出来ないようなことでは無く、

いつもの生活の中でひんぱんに起きていることなのです。


あなたがセルフイメージを変えようとするならば、

その感覚をつかんで応用すればいいのです。

そして2部では、どうすれば日常生活で具体的にワクワクを活用できるのか、

どんなふうにイメージすればいいのか、

あるいは日ごろの疑問や悩みなど公開シェア会的な、

なにか具体的にみなさんのお役に立つような対話の時間になればと思っています。

お席の確保はお早めに!
http://www.wakuwakudeikou.com/schedule.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について、



ポチッと押して応援していただくととても嬉しいです(*^_^*)
4~10位あたりをウロウロしています。。

人気ブログランキングへ