ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

僕らはなににお金を払っているのか。

お金や収入ということに関して、

「あなたが得た報酬はあなたが世の中に与えた価値なのだ」とか

「誰かの悩みや困っていることを解決すればお金になる」

というような事がよく言われています。

自分の収入が低いのは世の中に価値を生み出していないから。

収入を上げたければ労働時間を増やすのではなく、

提供する価値の質を上げればいい。

だからまずはあなたが先に提供しなさい。

あるいは、

困っていることを解決してきたのが今の文明だ。

誰かが困っていることを見つけてそれを解決しなさい、

それが商品開発になる、など。

f:id:wkwkdeikou:20160606235315j:plain


でも、現実はそうじゃないんじゃないか、という現象が回りにたくさんあるわけです。

たいした価値も無いのに高い商品とか、

能力が低いのに部下よりたくさんもらってるとか(おっと。。)

ましてや詐欺なんてこのパターンは全然当てはまらない。

「犯罪などの悪いことは例外です」

とか言ってたらキリが無い。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕らはお金を払う対象に対して事前に期待感を抱きます。

その期待に応えてくれるんじゃないか、と思ったからお金を払うのです。

そして望みどおりにその期待に応えてくれたら、

相手を信用したり信頼したりリピーターになったりファンになったりします。

自分の期待に応えてくれなかったら、裏切られたと感じ、

二度とそれを買わなかったり、信用をなくしたり、訴えたりするわけです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先払いも後払いも同じです。

飲食店の場合、多くは後払いですが、

これは与えられた価値の値段でも、

困ったこと(空腹)を解決した値段でもありません。

お店が用意した値段に対して、

あなたは「このくらいなら払って食べてもいい」と思ったのです。

値段が事前に分からない高級店も同じです。

そこに暗黙のお客としての期待感があるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕らは自分の期待感を満たすためにお金を払います。

誰かの期待感に答えると売上になるのです。

その期待に応えると信頼され、

失望させると信用を失います。

でもその期待感というのはその本人の事前の勝手なイメージです。

世の中のすべての広告は相手になにをどう期待させたいのか、

という観点で作られていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたの人生を左右するセルフイメージの正体とはなんなのか。

あなたの決断も迷いも好みも苦悩も感情もイメージも、

すべてあなたのセルフイメージが湧き起こしている。

あなたにとってあなたが生きやすいセルフイメージとはどんなセルフイメージなのか。

それはつまりあなたにとって生きやすい思い込みとはどんな思い込みなのか、ということなのです。

あなたの思い込みはあなたを幸せにするために、

今までもそしてこれからも作られていくのです。


あなたが自分の未来を信じ、

自分の未来を変えていこうとしたその瞬間から、

あなたのセルフイメージはすでに変わり始めているのです。

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について、




ポチッと押して応援していただくととても嬉しいです(*^_^*)
4~10位あたりをウロウロしています。。

人気ブログランキングへ