ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

③「また起きちゃうかも♪」

つまり希望や期待感というのは

あなた自身の【未来に対する自信】次第なので、


「自信を持ちましょう」と言われても、それで持てるようになりました、

とはなりません。

じゃあどうすれば【未来に対する自信】=期待感が持てるようになるのか。

というところまででした。

わたしたちが、一番単純なというかシンプルな【未来に対する期待】が起きるのは、


同じようなことが続けて起きたときに、

「またそれが起きるんじゃないかなぁ」

とあなたが感じた時だと思います。

f:id:wkwkdeikou:20160819001016j:plain

あなたが「また起きるんじゃないかなぁ」と感じた、

ということは、つまり前回起きたときの事をちゃんと覚えていた、ということです。

そんなの当たり前じゃないか、と思うかも知れませんが、

僕らは些細な不快さは見逃さなくても、

(歩いていてちょっとぶつかられたとか足を踏まれた、とか、

で、ついつい人に話したりして反芻したりします。

些細なハッピーやちょっとしたラッキーなことはすぐに忘れてしまうのです。

せっかく綺麗な女の人とすれ違っても、

カッコいい男の人と目が合っても、

もう3秒後くらいにはそのことを忘れてたりします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

でもね。

じつはこれがすごくもったいないのです。

「また起きるんじゃないかな」の根本は、

それが起きたことをちゃんと覚えている、ということ。



つまり未来への不安や心配が発生するのは、

そもそも僕らは不愉快なことを見逃さないからなんです。

もちろん生きていくうえでのリスクヘッジは必要です。

無理やり楽天的になることなんて出来ないし、

リスクヘッジ出来なかったら

危険を察知できないということですから、

ただ歩くだけでも危ないです(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうやって僕らは不快は見逃さないくせに、

ちょっとした快はすぐに忘れてしまう。

些細なことは「大したこと無い」と思い込んでいるのですが、

じつは些細なことほど潜在意識に大きな影響を与えています。



不安を作り出してきたメカニズムと逆のことをやれば

未来に対する期待感を持てるようになるのなら、

どんなに小さくとも自分の【快】は覚えていないともったいないのです。


そうすれば僕らは知らず知らずのうちに未来に期待し始めるような自分になります。

「またなっちゃうんじゃない?」と思い始めるんです。

ラッキーでもツイテル!でもなんでもいいんです。

「あれ?また青信号だ!」でも

「また電車の席が空いた!」でも何でもいい。

あなたにとって本当にくだらないことでもいいんです。

「こんなくだらないことで喜んでバカみたい。。」

ってちょっと思ったとしても、

喜んじゃったものは仕方が無い、

もう間に合わないんです(笑)

それを丁寧に拾って味わっていくことで、

あなたの快が少しずつ集まってきます。


いつの間にか「また起きるんじゃないかな♪」って思えたら、

それはあなたの心の質が変わったということ。

それがあなたの心の質が変わった証拠。


その期待感があれば、

あなたの毎日は期待感が無かった頃の自分とはきっと少し違うはずなんです。


どんなに些細なことであったとしても、

期待感をもって過ごす毎日は、

それまでとはきっと違う結果をあなたにもたらすに違いないのです。


そんなあなたになるために。


あ、けっこう大晦日にふさわしい感じになったじゃん(笑)

新年に向けてぜひ

【未来に希望を持ちそこへ向かわずにはいられないあなた】へ

それではみなさんよい年を♪(*^_^*)/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポチッと押して応援していただくととても嬉しいです(*^_^*)
4~10位あたりをウロウロしています。。

人気ブログランキングへ



今月のカウンセリング枠が、
少しだけありますのでご案内いたします。
詳細はこちらからどうぞ。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157