ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

⑥そっちじゃなくてこっち。

ここ何回かセルフイメージについてお話してきました。

つまりセルフイメージとは自分で自分のことをどう思っているのか、なのですが、

実は【自分で自分のことをどう思っているのか】

という定義がカバーする範囲はとんでもなく膨大です。

なぜならセルフイメージは【今現在のあなた自身のこと】なのですから、

その範囲は膨大で、あなたのそのものすべてと言っても過言ではありません。


だからセルフイメージは人生の99.9999%、

いや100%あなたの人生に影響を与えているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すごく簡単に説明します。

潜在意識は感情を伴ったイメージを受け取ります。

感情が伴わなければあまり受け取りません。
(感情が無くても何千回も繰り返せば入る、という話はまたの機会に譲ります)

セルフイメージはあなたが過去に感情を感じたときに、

あなたの潜在意識があなたから受け取ったイメージが蓄積され出来上がったモノです。



もう一度言います。

あなたが感情を感じたときに受け取ったイメージです。


つまりその時にその出来事をどんな感じで受け取ったのか。

どんな風に感じたのか。

その蓄積が今のあなたのセルフイメージを構成しています。


ということはその時々の反応の仕方なんて事前にコントロールできないのですから、

やっぱりセルフイメージは「知らず知らずのうちに」できあがった、

としか言いようがないのです。

(一般的には3歳まではあまり出来上がらないと言われています。)

f:id:wkwkdeikou:20160913230556j:plain


あなたが今までついつい反応してきたその【反応パターン】が、

「わたしはそういうことをされた時にこんな風に反応してしまう人」

というセルフイメージを作ってきた
、ということなのです。


だとすれば今の自分の反応に不満があるのなら、

今後あなたの潜在意識が受け取るイメージを、

今までのパターンと変えてあげればいい、ということになります。


ただし、条件がひとつあります。

最初に言った「感情が伴っている」というのが絶対条件です。

あなたの感情はあなたが意図的に「美味しく」したり「綺麗♪」と感じたりすることは出来ません。

がんばってもマズいものが美味しくなったりしないし、

趣味じゃない絵を見せられたら、がんばっても感動なんて出来ないはずです。



どんな自分になりたいのか。

どんな自分だったら「カッコいいなぁ」「素敵だなぁ」と思えるのか。

今その自分になっていないことを嘆いていても、

「今なっていないことを嘆いている私」というイメージしか潜在意識は受け取りません。


だって「嘆く」という感情が伴っているから。


「こうなったらどんなに素敵だろうなぁ」という対象を探すことだって、

今までとは違うイメージをちゃんと潜在意識に伝えることになるのです。


もちろんそれだけをひたすら続けても素敵な自分になれるわけではありませんが、

少なくともなっていない自分を嘆くよりはよっぽどまともなスタートラインです。


「今のままではダメだ!」というメッセージをどんなに潜在意識に伝えても、

ぼくらは動けはしないのです。

あなたが一歩踏み出せないのは現状に甘んじているからでも、

勇気が無いからでも無く、

セルフイメージが「もっと早く向こうに行きたくてたまらない自分」になっていないから、です。



明日まとめてみます。

クリスマスイブだけど(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポチッと押して応援していただくととても嬉しいです(*^_^*)
4~10位あたりをウロウロしています。。

人気ブログランキングへ



今月のカウンセリング枠が、
少しだけありますのでご案内いたします。
詳細はこちらからどうぞ。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157