ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

ほんとうはそっちが伝わって欲しいのに。。

仕組みが分かっても使えない(><)
http://ameblo.jp/wkwkdeikou/entry-11870834895.html


そんなうまい話があるわけがない。
http://ameblo.jp/wkwkdeikou/entry-11870837755.html


言われた通りにやってるのに。。(´・_・`)
http://ameblo.jp/wkwkdeikou/entry-11872601265.html


伝わってしまう。。
http://ameblo.jp/wkwkdeikou/entry-11874950265.html


ついつい気を取られてしまう。。
http://ameblo.jp/wkwkdeikou/entry-11874951354.html



の続きです。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



前回は普段の日常生活の中でついつい潜在意識に何が伝わってしまうか、というお話でした。

今日は《やってはいけない事》について考えてみます。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

私たちは【マイナスなことは考えないようにしよう】

と思った瞬間にマイナスな事とはなんなのか、をイメージしてしまいます。


嫌な思いをしたくないから、嫌な思いに気付いてしまう。

マイナスなイメージを潜在意識に入れたくないからこそ、マイナスなイメージが気になってしまう。



シンプルだけど、不便です。


分かっているけど、どうしようもないのです。

意図的に「そのことを考えないようにしよう」は出来ないのです。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


つまり『今の生活が嫌だから、なんとか変えたい!』と思っている時には、

今の生活のイメージをしていることになります。


そしてそこには強い感情が伴っていますから、

当然、そのイメージは潜在意識に強く伝わってしまいます。


もちろん本当はそんなイメージは潜在意識に伝えたくはないのですが。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


『あなたが夢に向かって一歩を踏み出す勇気が出ないのは、現状に対する不満をもっと強く感じていないからだ』

『だからなんとなく不満を感じながらも、ぬるま湯のような現状に甘んじて抜け出せなくなっているのだ』


と思った、あるいは誰かに言われた場合はどうでしょう。


一見正しそうです。


世の中にそういった考えがあることも知っています。

果たして本当にそうでしょうか?

本当にもっと強く不満を感じれば、一歩前へ出られるのでしょうか?

あなたが最初の一歩を踏み出せないのは、

本当に今の不満をもっと感じていないからなのでしょうか?


あなたが現状に不満を感じたときに、間違いなくあなたは今の生活をイメージしています。

それが嫌だ、という強い感情を伴って。

潜在意識にはしっかりとそのイメージが入ってしまいます。

本当はそんなイメージは入れたくないのに。


現状に対する不満をよりいっそう強く感じようとすることは、

やってはいけないのです。



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


人が一歩を踏み出すのは【そこへ行かずにはいられない】からなのです。

海外旅行へ行くのは、そこへ行きたいからです。

そこでのんびりしたくなったからです。

ぎゅうぎゅうの満員電車が嫌いだから海外に行けたわけではないのです。

満員電車に乗っているときに、

『はぁー、たまには南の島でのんびりしたいなー』と考えることはあります。

それは【きっかけ】なのです。

今、そこにいないから、まだそうなっていない自分に憧れるのです。

本当にその人が海外旅行に行くかどうかは、その人の憧れの強さによるのであって、

もっともっと満員電車を嫌いになって、

満員電車にさらに不満をもって

「こんなところはもう嫌だ!」と強く感じたから海外にたどり着けたわけではないのです。


それではちょっと変な話です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

海外旅行なら「変だな」とわかるのに、

ビジネスや人生論や変えたい性格など抽象的な話の場合には、

『それはちょっと変だな』とは気付きにくいものです。

私たちが、夢を見たり、そこへ憧れるのは

【そうなりたいから】がすべての動機です。


【きっかけ】は何でもいいのです。

電車の中吊りでも街で見かけた看板でも、TVのCMでも。

その時にあなたの潜在意識には

【なりたい自分】【行きたい場所】のイメージが

あなたの憧れの強さしだいでしっかりと伝わっています。


あなたが潜在意識に伝えたいイメージはこっちのほうだと思います。

潜在意識に伝わって欲しいのはそのイメージなのです。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


今の生活に甘んじている自分を叱咤激励するという事は、

潜在意識に《今の生活》のイメージを強く伝えているということです。



あなたが本当に潜在意識に伝えたいメッセージはなんなのか。

目標を強く願えばワクワクしてきますか?

『自分の目標を強く願おう!』とするのは、そうしないと強く願えないからですか?


意識的に強く願おうとしたものが潜在意識に伝わるのではなく、

あなたがいつも憧れて、強い感情を持ってしまうものが、

自然と潜在意識に伝わってしまっている、ということです。



いつもいつも、ついついその事ばかり考えてしまっているものは何ですか?


あなたの潜在意識には普段それがよく伝わっているということなのです。





<今後のセミナーのお知らせ>

今月は古神道、お金、

といった別々のテーマと潜在意識との関係をセミナーでお話します。


根幹は同じですが、

内容はやはりそれぞれまったく違います。

開催内容はリンク先記事をご参照ください。

みなさまのお越しをお待ちしています♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<ワクワクで行こう♪うれし楽しスペシャル企画>~夏越の大祓式~

<潜在意識と古神道

この二つは一見あまり関係が無いように思えるかも知れませんが、

そこには日本人として生まれた私達にとって、

とても大切で深い無意識下でのつながりがあるのです。


私たちの潜在意識やセルフイメージは、

その人が育った環境から多大な影響を受けて育ち、形成されています。


ということは、

この国のさまざまな文化や日常生活からの影響が、

日本に生まれた自分自身の捉え方、

つまりあなたのセルフイメージの形成にもっとも大きな影響を与えているのです。



あなたが日本をどう捉えているのか、ということと

その国に生まれた自分自身をどう感じているのか、

ということの間には切っても切り離せない密接な関係があるのです。



これはあなたの心の奥底に眠る日本人としての魂とDNAに触れるお話なのです。

ぜひ多くの方にお聞きいただきたいと思っています。


■日時: 6月14日(土)(11時半開場)12時~15時半終了
【お申込み】
http://www.wakuwakudeikou.com/apform/yakabe_colabo_ap.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<ワクワクで行こう♪1dayセミナー>
 ~切っても切れないお金と潜在意識の関係 For Money~


わたしたちはお金そのものには直接イメージを持っていません。

でも、そこに付随するイメージが私たちに多大な影響を及ぼしています。


セルフイメージとお金との関係や

受け取る恐怖と無くしてしまう恐怖


すべてお金そのものに対するイメージではありません。

自分の生活や持っているもの、失うもの、セルフイメージなどを

お金を介してイメージしている部分が非常に大きいのです。

【日時】6月28日(土)14時スタート(開場13時半) 17時終了
【お申込み】
http://www.wakuwakudeikou.com/schedule.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【女性限定ワクワクラウンジ】~自己治癒力と潜在意識~

【日時】:7月12日(土)15時20分~18時20分(15時10分開場)

【場所】:渋谷カフェミヤマ公園通り店 2号室
東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会地下1階
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13094576/dtlmap/
JR渋谷駅ハチ公口徒歩3分公園通り中程

【受講料】:5000円(当日受付にてお支払い下さい)
定員:6名

【お申込み先】
http://wakuwakudeikou.com/apform/rounge_ap.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






今日の記事がよかったな、と思っていただけたら、
ポチッと押して応援していただくととても嬉しいのです。
4~12位あたりをウロウロしています。。

人気ブログランキングへ



潜在意識のシンプルな原則をステップバイステップで分かりやすくお伝えします。