ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

悩みの正体


ガルシアです。

メルマガを発行しましたのでこちらに一部抜粋加筆して転記します。



いよいよ夏本番になり、夏休みということもあり

街には昼間から子供たちが溢れるようになりました。

家から一歩外に出ると

道のあちこちから【夏休みの匂い】がして懐かしくなります。


最近ではジャケットはもう無理(>_<)なので、

思いっきりラフな格好でカウンセリングをやっています。

ちょっと前まではむりくり頑張れたのに、

この暑さで心が折れました(^_^;)


今日の内容はあえて短めにしましたが、

ご自分の事例に当てはめて

ゆっくりと考えてみてください。

必ず思い当たるところがあると思います。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【悩みの正体】

もしもあなたに今悩んでいることがあるとします。

おそらくはそのことについて悩んでいる、と思っていると思います。

もしくは過去の失敗について悩んでいる、と。

現状もしくは過去について悩んでいる。

そういうふうに自覚していると思います。


過去の失敗が現在に影響を与え、

そのことが現在を不本意な状態にしている。



悩みとは大まかにいえばそういう状態のことを指すのだと思います。


人間関係で言えば、誰かと口論になった。

そのことで会社での付き合い方がギクシャクしてしまった。

生活が苦しくてついついローンがかさんでしまった。

体調が思わしくなく、毎日がしんどい。

--------------------------------------------------------

ほとんどの悩みは【現状】に対する悩みだ、と捉えられています。


>しかし実は僕らは過去の原因によって不本意な現状を悩む、

ということはありません。



現在の状態に悩まされる、ということは無い、ということです。


そんな馬鹿な、と思われると思います。


※ここまで読み返して「何言ってんのコイツ」って思われてんだろうなー、と思ってしまった。。。




しかし私たちを苦しめているのは現在の状況ではなく、

未来の自分のイメージです。

「きっと明日も会社に行ったらギクシャクしているのだろう」

「きっと月末になるとまた支払いで苦しむだろう」

「きっと一週間後も体調が悪いだろう」

自覚しているかしていないかに関わらず、

そのイメージがあなたの悩みの原因です。

--------------------------------------------------------

もしも明日から一週間その人が夏休みで会社にいない、と知っていたらどうですか?

もしも1ヵ月後にその借金を上回る収入が約束されていたらどうですか?

もしも10日後に特効薬が手に入り、治ると分かっていたらどうですか?

気分は全然違うと思います。


もちろん

「そう思うだけで気分がスッキリします」

「さあ、そうなっていると思い込みましょう」

などと言う浅はかな話をしたいわけではありません。


また、「そう強く思えばそういう現実がやってきます」

と言いたいわけでもありません。


そうならないことの方が現実的な予測であることは十分承知した上でお話しています。




続きはこちらから読めます↓


メールマガジン
http://archive.mag2.com/0000270351/index.html

携帯はこちら
http://www.wakuwakudeikou.com/mailreg_mb.html

メールセミナー
http://wakuwakudeikou.com/mailreg.html