読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

細やかさと大げさ

ちょっとメモ書き。

あんまり詳しく解説していません。

ぶっきらぼうです。

親切じゃないです(^_^;)

行間を良く噛み砕いてから先へ進んでくださいね♪

--------------------------------------------------

『感情が豊か』とか『感性が豊か』だとかいうものと
『感情が激しい』というのは別のことです。

激しい感情表現が、感情が豊かな証拠だとは限りません。

感情を激しく表現することが時としてガサツな場合もあります。


ガサツで大げさと繊細で細やかは違います。

外人は感情表現が豊かだと言われますが、
それは日本人のほうが感情が豊かではない、ということではありません。
あくまで表現の問題です。

感情表現が豊かと感情表現が大げさは違います。


また、繊細で細やかな感情を感じることと、
神経質で過敏に反応することとは違います。

過敏に反応するということは時として快よりも不快のほうに大きく反応している
ということが往々にしてあります。


小さくとも自分を幸せにしてくれるものにちゃんと気づける、

繊細で細やかな感受性が人生を豊かにしてくれるのだと思います。