ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

やっぱりイメージ♪

ずいぶんとご無沙汰でブログもすっかり間が空いてしまいましたが、

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

昨年末あたりからここ2,3ヶ月ほど

『ガルシアさんは最近何してるんですか?』な質問をよくいただきます(^_^;)

そりゃそうですよね。。。

ブログも更新してないし、HPもずいぶん更新されてないし、
メルマガも止まってるし。。。

え、と、、

カウンセリングしたり買い物したり映画見たりギター練習したりカフェで本読んだりしてます。。。
あと東京のマスターコースが継続中ですのでそれもありますね。


カウンセリングをやっていて感じるのはやっぱりイメージありきなんだな、と。


たとえ今がどんな状況であろうと、
どんなに突破口の見つからない難題に見えようと、
その悩みを発生させている原因や、
難題だと感じさせている原因は

あなたの今のイメージにあります。

『イメージしてる場合じゃないんです、それどころじゃないんです』

という時でさえ、

『イメージしている場合じゃない!』というイメージがあなたの感情の源泉です。


僕らは必ず何かを感じる前にイメージをしています。

『こうなったら困るな~』

ではなく

『どうなればいいのか』

『どうなっている自分が好きなのか』


しかもその自分のイメージは単なる妄想や現実逃避ではなく、
あなたにとってとても身近なリアリティーのあるイメージでないと意味がありません。

悩んでいる時は困ったイメージをしていることがほとんどです。

良いイメージをしようとしてもちょっと遠すぎてリアリティーが無い場合がほとんどです。


なかなかうまくいかない場合はもう少し近づけてみるといいのかも知れません。