ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

答えの出ない悩み。

大きく分けて人が悩むのには二種類あると思います。

答えのある悩みと、

答えの出ない=正解の無い悩み。


ただ単に知識が足りないとか、情報が少ない、とか。

知らなかったから悩んでいるだけで、

知っている人から見たら悩みにはならないこと。

日常生活で一番ありがちなのは、

漢字が分からないから携帯で調べる、などはこれに当たります。

詳しくないから弁護士に聞く、会計士に尋ねる、などもこれに当たります。


大きな話だと『成功していないから成功の仕方を成功者に尋ねる』というのも同じです。


すでにそこにたどり着いている人、

もしくはすでにその知識を持っている人に尋ねる。

これで悩みは解決です。


もうひとつは答えの出ない悩み。

これは『正しい答え=正解』が無い世界での悩みです。

自分の進むべき道や、会社の方針や、人間関係など。。。


自分の悩みがこの二つのどちらの種類なのかが分からないまま、

悩みを解決しようとすると、

【解決方法】そのものの選択を誤ってしまいます。


自分の夢は何なのか。

本当にやりたいことは何なのか。

どちらの会社に就職したほうが良いのか。

今のパートナーと続けたほうが良いのか、別れたほうが良いのか。

レストランのメニューを決めるときと本質は同じです。

ここに正解などは無いことを誰もが頭では分かっています。


でも、ついつい自分にこう問いかけます。


『どうすれば良いのだろう』と。


つまり良し悪しを判断しようとしているわけです。

良し悪しということは、不正解になりたくない、正解を知りたい、

という質問に他なりません。


その時点ですでに解決方法の選択を誤っていると思います。


正解の無い悩みに直面するのはいつも

【好みがはっきりしていない時】に限ってです。


好きなことがはっきりしていれば、夢に迷いは無いし、

就職に悩むことも無いし、

パートナーとの継続に悩むこともありません。


今までの自分の【思考パターン】だと解決できない、

ということは、そのまま考え続けても答えは出ない、ということです。


あなたが悩んでいるのは、

解決方法が分からないのではなく、

解決方法の選択がずれているからなのかも知れません。


今までの見方ではなく、

『もう少しこっちから見てみたらどうですか?』

を僕はずっと提案してきたのかも知れません。


知らないことをお伝えするコンサルタントではなく、

あなたの中にあるものを質問で導き出すコーチングでもなく、

あなたが見ている世界の角度を変えるだけで、

『あ!なんだ、それだったら解決しますね』

と言ってもらえるのがワクワクだと思っています。


今の悩みが悩みの本当の原因なのか。

実は悩んでいる角度がずれてはいないか。


この質問を持っているだけでも、

解決の糸口はずいぶんと手繰りやすくなる気がします。



良かったらどうぞ♪
潜在意識とワクワクのシンプルな原則をステップバイステップで。
メールセミナー
http://wakuwakudeikou.com/mailreg.html


【ワクワクで行こう♪】とは?→こちら


セミナー概要はこちら