ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

西日本の節電

西日本から東日本への送電が周波数の関係で、

一日に送れる量に上限があるのなら、

その浮いた電気代を経済活動に回して欲しいと思います。


もちろんそれを義援金として寄付する、という手もあるのでしょうが、

西日本の経済活動が今よりも盛んになれば、

必ずそれが東日本の経済復興に一役も二役も買うことにつながっていくと思うのです。


このまま経済が縮小していくことが、

一番復興を遅らせていくような気がします。


東日本を元気にするのは、

西日本の元気なのではないか、と。