ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

欠点は直すな。

メルマガより抜粋

http://archive.mag2.com/0000270351/index.html

【欠点は直すな】

 今の自分を認めよう、という事の大切さは色々なところで書かれていると思います。


今の自分に気に入らないところがあっても、嫌いなところがあっても、今の自分を否定しない。


そのままの自分を愛してあげましょう、とか。


もちろん間違っているわけではないし、今の自分を大切にすることは、とても大事なことです。



良いお話です。




でも…




正直言って




『そのままの君で良いんだよ』『嫌いなとこも含めて今の自分を愛しましょう』とか言われても、



できるかそんなもんヾ(。`Д´。)ノ


嫌いな部分も含めて、好きになれるんだったら、そもそもそこは嫌いなとこじゃなくて好きなとこ。

嫌いなとこが好きになれるなら苦労はしない。そう言ってるお前は出来るのか!』



などと僕なんかは思ってしまうわけです、ハイ(^_^;)


言葉が乱暴ですみません。。


身もふたも無いです…


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


気に入らないから何とかしたい。


気に入らないから何とかしようとする。


それが正直な人間の心の動きなんだと思います。



ではなぜ自己否定が良くないのか。


簡単に言えば【嫌いな自分】のイメージを潜在意識が受け取ってしまうからです。


【その部分】を治そうとする行為が、【その部分】を認めようとする行為が、

あなたの潜在意識に【嫌いな部分】のイメージを入れてしまいます。


こんな風になってたら素敵だなー』があなたのなりたい自分です。



もしもそうなってたらこんな感じなのかなー』のイメージが私たちの潜在意識に入ると、


潜在意識はその自分になるためのヒントやノウハウを私たちにたくさん気付かせて、教えてくれます。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

なりたい自分は【欠点が直った自分】では無いはずです。


【なりたい自分】と【欠点が直っている自分】はまったく違うイメージです


【なりたい自分】という言葉の定義は【嫌な部分が治った自分】では無いはずです



欠点を直そうとすることで、理想の自分に近づくことは出来ないし、


欠点を直そうとすることが、かえってあなたを理想から遠ざけてしまうということもあると思うのです。



こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ