ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

【やらなければいけないこと】

メルマガより抜粋

http://archive.mag2.com/0000270351/index.html

【やらなければいけないこと】


私たちの日常生活や仕事の中では【やらなければいけない】と感じることがたくさんあります。


そして、そんな時に『やらなきゃ!!』と思えば思うほど、やりづらくなったり、取り掛かれなくなったりします。


それはきっと、『やらなきゃ!』と考えれば考えるほど、


実は『本当はやりたくないんだよ。』


『今じゃなくて先送りにしたいんだよ~』


『でもって出来ればやらずにすませたいんだよ~♪』


という、あなたの本音が潜在意識に伝わっているからに他なりません。


本当にそれを済ませたかったら、『やらなきゃ!!』ともっと強く思うのではなく、
(そうするともっとやりたく無くなってしまいます。既に経験済みだとは思いますが)


なぜ【やりたくない】と感じているのか、を考えたほうが良いのかも知れません。



あなたがなぜそれを【やりたくない】と感じているのか。


答えは、


それを【やらなければいけない】と思っているからです。


実もふたもないです。。。



やらなければいけない、と考えた理由は人ぞれぞれだと思いますが、
きっとそれはあなたにとって【やったほうが良い】と判断していることなのだと思います。


人から強制されたことにせよ、
自分で決めたことにせよ。


いずれにせよ【やったほうが良い】と思っているわけです。


ならば


それをやらない自分に憧れるのか?


それをやらない自分は素敵なのか?


それを考えたときに、


あなたにとっての【やらなければいけないこと】が


【やりたくないこと】から【やり終えた自分になれる道具】に変わるのかもしれません。



そもそも【やらなければいけない】と思っているわけですから、
やらないつもりではなく、やろうとは思っているわけです。



やろうとしているのに、やりたくなくなっている。



無意識の根底に【やり終えた自分になりたい】という欲求があるからこそ、
私たちは何かを【やらなければいけない】と感じるのだと思います。



あなたがやりたくも無いと感じたままそれをやったとしても、


それに対して何かの結果が出たとしても、


本当は【やりたくも無かった事】を無理やりやったので、


その結果を出した行動を『また反復したい』とは思わない、と思うのです。



【やらなきゃいけないこと】が続かないのは【やらなきゃいけないこと】にしてしまっているからです。



本当はそれをやりたい理由、終わらせた自分になりたい理由が必ずあるはずです。


それをやらない自分に憧れていない限りは。



あなたが『~~ねばならない!』と思いこんでしまっている、本当は【やりたい】【なりたい自分】は何ですか?




こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ