ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

【夢と煩悩】

メルマガより抜粋

http://archive.mag2.com/0000270351/index.html

【夢と煩悩】


【なりたい自分】や【夢】って【煩悩】と、どこが違うのでしょうか?

言葉の定義やそれぞれの解釈の違いはあっても、
結局は【夢】とはあなたの【煩悩】のことなのだと思います


私たちはよく、


『あ~、ダメだ!また煩悩に負けてる』とか


『欲望のままに生きてはダメだ!』なんて言います。


一般的に【欲望】と【煩悩】は近い意味で使われることが多いようです。


しかし私たちには欲望があるから夢があるのであって、
欲望=煩悩だとすると、煩悩が無くなると夢まで無くなってしまいそうです。


『夢は煩悩に振り回されないことです。』


なんて禅問答みたいですが、
その切なる望みも、やっぱり煩悩です。


欲望とか煩悩というと『その場限りの快楽追求』
みたいなイメージがあるのが良くないのかも知れません。


しかし私たちが手に入れたいと望むものが、
あなたを夢へと近づけるのなら、
自分の欲望を遠ざけていては、
【夢】へと近づくことはできないはずです。


それを手に入れている自分が素敵なのか、違うのか。


その場限りの欲望か、それを我慢している自分のほうに憧れるのか。


結局はその人の【なりたい自分】によるのだと思います。


欲しいものや、やりたい事を叶えたい、
という未来に対する願望は人間だけが持つものだし、
まだ来ていない未来にワクワク出来るのも

人間の持つ素晴らしい能力だと思うのです。


夢や目標はあくまでもあなたが幸せになるための
手段の一つのはずです。


だとすればあなたの煩悩もあなたが幸せになっていくための
大切な手段だと思うのです。


なのに私たちは時々手段と目的を履き違えてしまいます。


たとえ《成長する事》が目的だとしても、
成長するのはあくまであなたが幸せになっていくための
手段の一つ。


ともすれば目標を達成するために
【頑張る事】が目的になったりします。



夢を叶えて行くのならば、


『頑張らなきゃいけない』ではなく、


『頑張りたくなってしまう』ものなのだと思います。



自分がいてもたってもいられずにやりたくなってしまう事。



それが私たちの目標であり、欲望であり、夢であり、煩悩です。



あなたに、もしも煩悩が無ければ、


夢や目標ややりたいことや行きたい場所も


無くなってしまうのだと思います。




こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ