読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

ヤル気になることについて その2


メルマガより抜粋

http://archive.mag2.com/0000270351/index.html


【やる気になること】
 



昨日の話は
【ヤル気になる】とはやりたくないことに向かおうとしている時
という話でした。

でも時々
『ヤル気になっている状態は良くないのですか?』
と聞かれることがあります。


そうではありません。


【ヤル気】という言葉の是非を言っているわけではありません。


問題は
あなたが『ヤル気にならなきゃ!』と考えていることは
いまいちやりたくないことではありませんか?

と言うことです。


『ヤル気にならなきゃ!』と考えている時と

『ヤル気になっててなんだかイイ感じ♪』と思っている時は

全然違う状態だということです。


その状態を否定しているのではなく、
大切なことは
『~しなきゃ!』と考えるその先に、
あなた自身の快や幸せはありますか?
ということです。


もしもヤル気に【ならなければ】夢は叶わないのだとしたら、

私たちは永遠に【あまりやりたくない事】に

モチベーションを上げ続けなければ

夢は叶わない事になってしまいます。


やりたくない事に向かおうとするから、ヤル気が必要になる。

ヤル気を出してやりたくないことをやらなきゃ夢が叶わない。

好きなことに夢中になっている人と

無理やりモチベーションを上げてヤル気を出している人。


良いか悪いかの話ではなく、

どちらが正しいか、という話ではなく、

どちらが早く夢に到達するでしょうか?

ということです。


もうちょっとだけ先がありますので(^_^;)また次回。(*^^)v



こちらもポチっとお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ