ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

先日の1Dayセミナーの概要③

ガルシアです。

Facebookにアップされた先日の1Dayのダイジェスト第三弾です。

今回はあなたの感情とイメージについてまとめられています。

前半と後半で終わるのかと思いきや第三弾でも終わらず、

どうやら第四弾もありそうです。。(^_^;)

ところどころ補足説明(※)を入れています。

前半と後半はこちらから。

wkwkdeikou.hatenablog.com

wkwkdeikou.hatenablog.com

 

事務局です。

少し時間があきましたが、9月1Day1部のダイジェスト③をお送りいたします。

後半部分は、以下のテーマをおりまぜながら お話が進みました。

 

① 状況とイメージの話

②感情は、現実ではなく、イメージに伴っている。

③やる気を出そうとすればするほど、やる気が無くなるのはなぜか。

④ やりたくないことは、できない。そもそも出来ていない。

⑤ なりたい自分をイメージしても、かなわないのはイメージしてる視点が違うから。

⑥ ワークで味わう感情は本物では無い。そもそも感情を大きくしたりすることは出来ない。

⑦ 「自分の好み」と結果が「なりたい自分」と一致していたら、やらなきゃいけない事は、なくなる。

⑧ めんどうくさい事や、いやいやでもやっていることは、本当は終わった自分になりたいから。

 

これらは、デラックスコースで詳しく説明される大切なテーマの一部です。

今回は、①、②、⑥のあたりに触れられたことを ざっと、ダイジェストします。

f:id:wkwkdeikou:20150919045152j:plain

まずは、「状況とイメージ」

*「現実(状況)」とは、客観的に誰が見ても同じ事象の事。

* その事象に対して、私たちは「快」「不快」を感じているが「快」「不快」というのは「イメージ」に対してしか感じていないものである。

どんなイメージを持つかは人それぞれであり、その人の状態によっても異なるので、

それぞれのフィルターによりそれぞれが異なるイメージを持っている。ということ。

そしてその「連想されたイメージ」に対して「感情」が伴っているが

私たちは現実に起こった状況(現実)に対して感情が沸いていると思い込んでいる。

と言われてもなかなか、最初はピンとこないかもしれませんね。

普段は「イメージと感情」の両方がまざっているが、私たちが感じていることは、

あくまでも 「イメージに対して」でしかない。って、いわれても。。。

「かっこいい人」「嫌いな人」っていうのはすべて、「イメージ」だなんて・・・・。。。

実は、これは、「状況とイメージ」がくっついた状態なのです。

かっこいいというのは、あなたのイメージなのです。。。

※嫌な人というのは「嫌だなぁ」という感情が湧いてしまうようなイメージを

ついつい思い起こさせてしまう人、ということです(Garcia)

 

だって、ある人にとっては、え!?っていう「その人」が

あなたにはとても素敵に見えていたりしますよね?

デラックスでは、状況とイメージのそれぞれを切り離し

「状況」に対する「イメージ」を変えると 「感情」がどう変化するかを確認し

どんな感じがするかを体感します。

「状況」と「イメージ」を切り離す練習をしてくと

「強くイメージしましょう。」ではなくて

「イメージに強い感情が伴う。」と、いうことがどういう意味であるのか、

感覚的に、カラダでよくわかるようになっていきます。

 

1Dayで挙げられた例え話を参考までに。

 

例① いつも、あなたに嫌な思いをさせる上司がいたとして

でも、「もし、嫌いな上司が今週いっぱいでやめる」とわかっているとしたら・・・。

その最後の週に会社に行く気分は、「最高!」かもしれませんが

最後の週の月曜から金曜日までと

これまでの「上司が会社にいる。」 という現実は、

先週までと、なにも変わっていないのです。

変わったのは 「今週いっぱいで、上司がいなくなる!」というイメージ。

ちなみに、「嫌い」というのは、感情です。

※ここでいうイメージとは「予定」とかではなく、

まだ現実には起きていないけれどもあなたの頭の中で湧いているイメージということです。(Garcia)

 

例② これから、海外旅行にいく!というワクワク感が絶頂の空港までの電車のなかで

突如「パスポートがない!」と気づいてしまったら。。。

これまでの楽しい気分はどこへやら。。。?

焦って焦って、カバンやトランクをさがしたところ

思っていた所とちがう、カバンのポケットから パスポートが出てきたとしたら???

急に、ほっと一安心。

でもパスポートは、その間ずっとカバンのポケットにあって

状況は、何も変わっていないですよね・・・?

単純に、「イメージ」に対して 感情が湧いていたことがわかるかと思います。

少し、いや、とても受け入れがたいことかもしれませんが。。。

 

「嫌いな人」とは、 その人を見ることによって不快になってしまうという因果関係はありますが

その「嫌いな人」によって 「不快な思い」をさせられているのではないのです。

※先ほども述べましたが、「不快な感情が湧くようなイメージを常に思い起こさせる人」ということです。

「嫌だなぁ。。」という感情はそのイメージに付随しているのです。(Garcia)

 

次に、「感情はイメージにしか伴わない。」

なぜならば「イメージに感情が伴うと潜在意識に入る。」のであり

「現実に感情が伴うと潜在意識に入る。」とは 誰も言っていない。

「イメージに感情がともなうと潜在意識に入る。」 ということは

「イメージにしか感情は伴わない。」と、いうこと。

なので 日常生活で感じた、すべての快、不快には

必ず「イメージ」が絶対にあり

「イメージなしに感情が湧いてくるということはない。」 と、いうことです。

私たちは、それぞれが 「イメージしてしまったことを現実である」と思い込まされてしまっていますが

それは、ただのイメージでしかすぎない。 と、いうことなのです。

これまた、ちょっとどういうこと?と思いますよね。

じゃあ、私たちはイメージの中で生きているのでしょうか?

繰り返しになりますが私たちは、起こった状況に対して、イメージを持ち

それを感じて生きているのです。

快な感情をともなうイメージと不快な感情をともなうイメージだとしたら

快な感情をともなうイメージを蓄積させたほうが都合がよい。

そのとおりです。それによって、起こる現実がかわってくるのですから。

※なぜ変わってくるのかは抽象的ではなく具体的で明確な理由があります。

このあたりを参考にしてみてください。(Garcia)

wkwkdeikou.hatenablog.com

⑥のテーマに、入りかかっていますが。。。。

長くなってきましたので、 次回に続きます。

どうして、イメージすると現実になるのか?

でも、どうして、イメージしても うまくいかないこともあるのか?

「一般的に行われる、セミナーでのワークには 果たして意味はあるのだろうか?」

「セミナーではうまくいったのに、現実でうまくいかないのはなぜか?」 といった、

⑤と⑥と、③のあたりについても まとめていきたいと思います。

(そうこうしているうちに、10月のワンデーになりそうです。。。)

次回の1dayセミナーは 10月12日(月)祝日開催となります。

是非、スケジュールにいれておいてください♪

http://www.wakuwakudeikou.com/seminar.html

☆☆次回の東京1Dayは10月12日(月)の開催です☆☆

日時:10月12日(月)一部 14時~16時半

            二部 17時~19時

開催場所:アットビジネスセンター池袋駅別館 806号室

セミナー概要

お申込

開催予定-潜在意識は大切に ワクワクで行こう

  いよいよ2015年10月31日より東京9期開催!

◇◇DXコースのご案内 ワクワクで行こう♪◇◇

~あなたの想像を超える【憧れのあなた】への扉が必ずここにある~

1Dayでいつもお話していることやブログに書いてあることは、ほんの氷山の一角です。

あなたの潜在意識が持つほんとうの力をぜひ体感しに来てください。

あなたの理解はきっと大切なところで、ほんの少し間違っているのです。

潜在意識や心のしくみはちゃんと考えれば不思議なことなどなにも無いのです。

「その手のセミナーはもううんざり」な方にこそ聞いて欲しいと思っています。

詳細はこちら

www.wakuwakudeikou.com

参加または無料見学ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください

※第一回目のみ無料でご見学いただけます。

http://wakuwakudeikou.com/apform/dx_tokyo_ap.html

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について、

ポチッと押して応援していただくととても嬉しいです(*^_^*)

よろしくお願いしますm(__)m