ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

コミュニケーション力とはシミュレーション能力のこと。

ウンセリングやコンサルティングをやっていると、

ほんとうにみなさんの脳内世界に刺激されます(*^_^*)

自分以外の人間の思考の方向を知ることによって、

自分の頭の中にそんなロジックがあったんだと気付かされることが多いのです。

 

それはもともと自分の頭の中にあるんだけれど、

それを説明するためにはそれを言葉にする必要があるから、

日常にある具体的な事例で、

頭の中にある立体的で抽象的な概念を、

分かりやすく説明することになる。

その表現を組み立てなおす作業がとても刺激的なのです。

 

自分の頭の中にそんなふうに折りたたまれていたのか、とか。

そっちの角度から見ていたのか、とか。

f:id:wkwkdeikou:20150904200535j:plain

クワクで行こう♪ではあまりビジネスの話はしませんが、

潜在意識があなたの中に存在する限り、

あなたの活動において常に潜在意識は働いているわけです。

特にマーケティングなどの話をするときには、

【イメージ】という概念がとても大切になります。

たとえどんな場合でもイメージを使って僕らはコミュニケーションをとっているので、

コミュニケーション能力とはすなわち

相手のイメージを推測する力、

シミュレーション能力そのものと言っていいと思います。

 

企業がさまざまな戦略や戦術を考えるときに、

自社と顧客とのコミュニケーションをどうとるか、とか

顧客のどんな悩みを解決してあげたいか、とか

そういったことは考えますが、

顧客にとってその商品がどういう関係性をもって位置づけられているのか、が

じつはとても大切なことなのです。

 

顧客にとってあなたの商品は

 

・悩みを解決してくれる

・欲望を満たしてくれる

このいずれか、もしくは両方を満たすことが購入の条件ですが、

この観点を製作側(プロダクトアウト)で考えるのか市場側(マーケットイン)で考えるのか、が

とても大切です。

商品そのものがマーケットインなのかプロダクトアウトなのか、ではなく、

開発コンセプトがマーケットインなのかプロダクトアウトなのか。

 

スティーブジョブズなんかは完全にプロダクトアウト側だと思われていますが、

イメージ力、シミュレーション能力の観点から言えば

完全にマーケットインなのです。

 

「こんな商品を作ってみました」ではなく、

自分が一般ユーザーなら何が欲しいか、でもなく、

自分が一般ユーザーでこの商品を初めて見たら、

どんな特徴があれば欲しくなるのか、

どんな点に魅かれるのか。

どういうところを「画期的」だと思うのか。

たとえば、そういうことです。

 

そのツールや商品は【なんのために存在しているのか】

つまり「だれのどんな悩みを解決するのか」と

「だれのどんな欲望を満たすのか」を考えたら、

商品によってペルソナが成立する商品と成立しない商品があることが

ハッキリ分かるはずなのです。

そこを突き詰めて考えないとノウハウの型に嵌ってしまうと思います。

そういった包括的で俯瞰的な視点を持ったうえで初めて

感情マーケティングなどが生きてくると思うのです。

 

ちょっとこの辺は細かく詳しく書いていると、

文字数がエライことになるので、

ヒントになればいいなと思い、

あえて雑に書いてみました(^_^;)

 

  ☆☆☆今後のセミナーのお知らせ☆☆☆

  いよいよ2015年10月31日より東京9期開催!

 ワクワクで行こう♪DXコース in 東京 第9期

~あなたの想像を超える【憧れのあなた】への扉が必ずここにある~

1Dayでいつもお話していることやブログに書いてあることは、ほんの氷山の一角です。

あなたの潜在意識が持つほんとうの力をぜひ体感しに来てください。

あなたの理解はきっと大切なところで、ほんの少し間違っているのです。

「その手のセミナーはもううんざり」な方にこそ聞いて欲しいと思っています。

詳細はこちら

http://www.wakuwakudeikou.com/dx.html

参加または無料見学ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください

※第一回目のみ無料でご見学いただけます。

http://wakuwakudeikou.com/apform/dx_tokyo_ap.html

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について、

ポチッと押して応援していただくととても嬉しいです(*^_^*)

まだこちらのブログでは始めたばかりなのでよろしくお願いしますm(__)m