読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

㉓なぜ自分で選んだ道を「これでよかったんだ」と正当化しようとしてしまうのか。

ルシアです。

最近の連載がまだの方はこちらからどうぞ。

なたが悩んでしまうのは、正解を知らないからではありません。

好みがハッキリしていないからです。

「どうすればいいんだろう」と考えても答えは出ないのです。

だったら、好みをハッキリさせるしかない。

好み、とは「あなたにとっての快はどっちなのか」

「どちらの自分に憧れるのか」

「どっちの自分のほうが素敵だと思えるのか」ということです。

それをハッキリさせるしかないのです。

あなたの好みがハッキリしてくれば、

自分の中に基準となる軸がしっかりと出来上がり、

これまでよりも格段に判断力がアップします。

そして、なにかを選択するときに迷うことがなくなっていくのです。

 

当は好みをハッキリさせればいいだけなのに、

なぜ「どうすればいいんだろう」と、

ついつい考えてしまうのでしょうか。

それは「間違えたくないから」です。

間違えるのは誰だって嫌です。

失敗したくない、間違えたくない、

そういう思いが、あなたに「どうすればいいんだろう」

と質問させているのです。

だから、さんざん悩んだあげくに選択したほうを

「これで良かったんだ、間違ってなかったんだ」と

無理にでも思おうとするのです。

f:id:wkwkdeikou:20161007071938j:plain

たしたちは、なぜ自分を正当化しようとしてしまうのか。

それは、間違えたくないから。

では、なぜ間違えたくないのか。

間違えると不快だから。

わたしたちは子どものころから、

「間違えると怒られる」という体験をさんざんしてきています。

だから、間違えてもあまり怒られず、

失敗しても、チャレンジしたことを褒められてきた子どもは、

失敗もチャレンジもあまり恐れません。

「自分で選んだんだから、こっちが正解」

と考えています。

 

な思いをしたくないから、間違えたくない。

だから行動する前に悩んでしまいます。

でも、そうやって正解を探しても、

答えが得られることはほとんどありません。

極めて近い業種で、ほとんど同じような状態で問題が起きたとしても、

その対処法が今回も有効である保証なんてどこにもないのです。

まったく同じように対応すれば「正解」

なんてことは無いのです。

間違えると不快だから、間違えていないことを

なにかを選択するたびに、ずっとこの先、

証明し続けなければいけなくなってしまいます。

 

なたが良し悪しでものごとを考え続ける限り、

あなたは人生のすべての判断結果を、

無意識のうちに正当化しようとしてしまいます。

自分が選んだ結果を、

ずっと正当化しなければいけない人生になってしまいます。

でも、あなたの好みさえハッキリしていれば、

「ま、好きで選んだんだし」と納得できるのです。

好きで選んだのなら、

そもそも自分を正当化する必要がなくなります。

「そっちのわたしのほうが素敵だから」

「その自分になりたかったから」

それが「好きな自分のほうを常に選んでいる人生」

という感覚になっていくのです。

 

 

☆今後のセミナーのご案内☆

◇10月15日(土) 東京1Dayセミナー

~カウンセリングのご案内~

あなたの心はどういうしくみになっているのか。

なぜ悩みが発生してしまうのか。

なぜ感情が揺さぶられてしまうのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

たまにしか空いていませんが、

スケジュールが合えばぜひどうぞ。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

 

「ワクワクで行こう♪」のダイジェストをお話しています。

 

シンプルだけど強力な潜在意識とセルフイメージの関係について
「心の方程式」をわかりやすくステップバイステップで
↓メールセミナーはこちらから↓

ポチッと応援よろしく願いします

◇動画で見る◇

◇毎日配信しています♪◇