読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワクで行こう♪

本当はそうだったのか!目から鱗の心理学 なぜどの方法も上手くいかなかったのか。 その理由と心のしくみをお話します。

あなたの心を苦しめてしまう、心のクセ。

ルシアです。

ワクワクで行こう♪にはいくつか基本的な原理原則がありますが、

その中でも特に大切な「快」と「不快」について。

お伝えしたいことはシンプルなのですが、

文章となると、はたしてどうなるか。。。

f:id:wkwkdeikou:20151022054429j:plain

たちは日常生活でさまざまな「快」「不快」を感じます。

もちろん、そのこと自体に「良い」「悪い」はありませんので、

感じたこと自体を「善し悪し」では判断していないはずです。

美味しい、

マズイ、

素敵、

カッコいい、

イヤだな、

綺麗、

楽しい、

うるさい、

気持ちいい、

そういった「快」や「不快」と

わたしたちの好みは密接に結びついています。

美味しい、と感じれば

それが好きな食べ物になります。

まずいと思えば、嫌いになります。

素敵だと思えば好きなものや人に、

嫌だなと思えば嫌いなものや人に。

 

きな洋服、嫌いな洋服

好きな音楽、嫌いな音楽

それらは心で感じること、

つまり心が反応していること、ということです。

私たちは普段の生活の中でいやおうなく、

心の中にこのフィルターを持っています。

それこそ好むと好まざるとにかかわらず。 

 

て、普段の生活で私たちはもうひとつ

心の中にとても重要な軸を作っています。

それが「良い」か「悪い」かという判断基準の軸です。

今までの自分自身の経験や、

世間一般の常識(といってもこれは自分が勝手に思い込んでいる「世間の常識」ですが。。)に照らし合わせて、

「これは良い」「これは悪い」という判断を、

無意識のうちにしています。

もちろん、この軸を持つこと自体にも、

「良い」も「悪い」もありません。 

 

日の話はここからが本題です。

私たちは心の中では

「出来ることなら快に囲まれて生きていきたい」

と望んでいます。

そしてそんな状態を【幸せ】だと感じるはずです。

たぶんそのはずです。

「もっと快がたくさんあればいいのに・・・」

「不快さなんて無くなればいいのに・・・」

もちろんふだんそんな言葉使いをすることはありませんが、

ぼくらの夢や願望はこの二つのうちのどちらかに集約されるはずです。

そして、そこで快を探しにいけばいいものを

ついつい不快を無くそうともがいてしまいます。

 

日カウンセリングでこんな話が出ました。

とあるセミナーに行ったら他のゲストの方が、

「外での食事は美味しいのですが、家で食べる食事は美味しく感じられないのです。

どうすればいいでしょうか」と質問したそうです。

すると講師の方が、

難民の方や満足に食べられない方の話をして、

「そういう方のことを思えば、どんな食事でもありがたく感じられて、

美味しくいただけるようになりますよ」と。

するとゲストの方は

「そうですね、分かりました。がんばって感謝して美味しく感じられるようにします」と。

 

 

 

 

「違う!!」と。

 

 う大間違いです。

そもそも美味しいか美味しくないか、は

あなたかそう感じるかどうか、という感覚の話であり、

あなたの好みで左右されているものであって、

「良い」か「悪い」か、という話では無かったはずです。

でもそれがいつの間にか善し悪し、という問題にすりかえられて、

「美味しく感じられないのは良くないこと」

「美味しく感じられない自分を改善しなければ」

という前提で話が進んでしまいます。

講師の方にすり替えた自覚があったかどうかは分かりませんが、

少なくともゲストの方は、

そのすり替えには気付いてはいません。

 

まり、いつの間にかゲストの方が

「私にはこんな欠点があります。どうすれば良いですか?」という

改善点を質問したことになっていて、

それに対して講師の方が

「こうすれば良いですよ」という正解をアドバイスした、

という形にすり替わっています。良かれと思って。

 

も、この問題の本質は「美味しく感じられないこと」などではなく、

「美味しく感じられないことを問題だと思っていること」です。

「快」や「不快」の話が、

いつの間にか「良い」か「悪い」かという話にすり替えられています。

あなたの日常生活にも、こういった話はいたるところに満ち溢れています。

もしもこの方が

「がんばってみたけれどダメでした」になってしまったらどうなるのでしょうか。

というか、この方の「快」「不快」を感じる心が麻痺していなければ、

おそらくがんばっても出来ないと思います。

でも、そうなると、

「自分は人に感謝できない人間なんだ」

もしくは「努力が足りないから出来ないんだ」

「思いやりや優しさが足りないんだ」

というセルフイメージが形作られ強化されていくだけになってしまいます。

こういった積み重ねがあなたの中に「善し悪し」の基準を作り、

それがあなたのセルフイメージとなり、

結果として「改善できない自分=ダメ」という、

自己否定を生み出す要因になっていくのです。 

 

味しい、美味しくない。

これはただの感想です。

その人にとっての主観的な事実です。

そのこと自体に良いも悪いも無いはずです。

大切なことは【どうなりたくないのか】ではなく、【どうなりたいのか】なのです。

外での食事を美味しく感じられる自分。

家で食べても美味しいと感じられる自分。

どんな自分になりたいのか、なのであって、

どうあらねばならないか、ということでは無いのです。

 

「もっと美味しく食べたい」という願望が

その人を美味しいものに敏感な人にさせ、

もっと美味しいものを食べたくなり、

美味しい情報を見逃さずになり、

自然と前よりも美味しさに気付きやすい自分になっていく。

それが自然な順番だと思うのです。

そもそも今美味しくないものを

意志の力で何とかしようとする、ということ自体に無理があるのです。

あなたが「まずい」と感じてしまった。

それはただの事実として、今そこに存在している、というだけのことなのです。 

 

や不快を感じることとは別に、

自分自身を傷つけ自己否定の原因となってしまう、

「良い」か「悪い」か、

をとっさにジャッジしてしまう心のクセが

誰の心にも常に横たわっているのです。

右脳的な感覚を左脳的な知識や常識で

ジャッジしようとすると

私たちの心はとても苦しくなってしまいます。

 

結論:

快不快はあなたが幸せになりたい、と望む願望から来るあなたの好み。

快不快自体に良いも悪いも無い。

快不快の問題を良し悪しでジャッジしない。

一番大切なことは「どうなりたくないのか」

などではなく「どうなりたいのか」

「どこへ向かいたいのか」なのです。 

  いよいよ2015年10月31日より東京9期開催!

◇◇DXコースのご案内 ワクワクで行こう♪◇◇

~あなたの想像を超える【憧れのあなた】への扉が必ずここにある~

頃あなたが考えていることや、

選択したことや行動したことなどについて、

それで良かったのか悪かったのか、

正しかったのか間違っていたのか、

これから先、どちらを選んだほうが良いのか、悪いのか。

今の問題に対してどうすれば「良い」のか。

そういう善し悪しの概念が潜在意識には無いのだ、

つまりあなたの人生にも善し悪しは存在しないのだ、ということや、

「やらなければいけない」ことなど何もないのだ、

あるいはあなたの悩みや欠点やトラウマやヤル気や、

依存することやコミュニケーションや人間関係や、

目標や夢やイメージや感情についてのことや、

正しい答えが分からず、

やらなければいけないことも無い状態で

なぜあなたの悩みが消えるのか。

なぜその状態で迷いなく幸せを感じながら人生を歩んでいくことができるのか。

そういった多岐にわたる内容を、

シンプルな原則に基づいて明確にお伝えしたいと思うのです。

でもシンプルだけど、きっとあなたの想像をはるかに超えて深い内容になっています。

 

れは抽象論や精神論ではなく「言われてみれば確かにそうかも。」

「そんな簡単なことになぜ今まで気付かなかったのだろう。。」

と思うような内容かもしれません。

それは新しい知識として覚えるようなことではなく、

今、あなたが知って感じている現実の感覚からたどり着ける場所なのです。

1Dayでいつもお話していることやブログに書いてあることは、

DXの内容からすれば、本当にごく一部分だけなのです。

 

ログや1DayではなかなかDXの内容について

詳しくお伝えする機会が無いのですが、

初回のみ見学も可能になっていますので、

ぜひお越しくださいね。

潜在意識のこと、

セルフイメージのこと、

人間関係のこと、

自意識や依存や心理に関することだけではなく、

健康のこと、身体のこと、

イメージや呼吸法や

その他もろもろ盛りだくさんの内容でお待ちしています。

 

なたの潜在意識が持つほんとうの力をぜひ体感しに来てください。

あなたの潜在意識は今でも、今までも全力で働いているのです。

なにかのセミナーで開発しなければうまく働かないようなものでは無いのです。

「セミナーに出てちゃんと開発しなければ、自分の潜在意識はその能力を発揮できない」

ということがあなたの心が作り出した思い込みであることを知って欲しいのです。

あなたが思っている「イメージすること」と

潜在意識に入ってしまうイメージのやり方はほんの少し、

でも劇的に違っているのです。

あなたの理解はきっと大切なところで、ほんの少しだけ間違っているのです。

潜在意識や心のしくみはちゃんと考えれば不思議なことなどなにも無いのです。

そんなシンプルな心のしくみをぜひあなたにもお伝えしたいと思っています。

「その手のセミナーはもううんざり」な方ほど

ビックリしていただける割合が大きい内容になっています(*^_^*) 

詳細はこちら

www.wakuwakudeikou.com

参加または無料見学ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください

※第一回目のみ無料でご見学いただけます。

http://wakuwakudeikou.com/apform/dx_tokyo_ap.html

~カウンセリングのご案内~

自分の心のボトルネックがどこにあるのか。

どういうしくみになっているのか。

そんな話をお伝えしたいと思っています。

少しだけ募集しています。

http://www.reservestock.jp/reserve_form/157

 

ポチッと押して応援していただくととても嬉しいです(*^_^*)